NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/31

釈迦降誕祭 Shaka-Goutansai 

Jp


 釈迦降誕祭(しゃかごうたんさい)は毎年五月に埼玉県坂戸市の永源寺(えいげんじ)で執り行われる仏事のお祭りである。
 永源寺は江戸時代に開基された曹洞宗の寺で坂戸のお釈迦さまと知られている寺である。
 祭りの起源は、寛文二(1662)年永源寺の三代目である島田忠政が長崎奉行として赴任した時、中国より伝来した降誕釈尊仏を入手し永源寺に納めた事から始まったといわれている。また、祭りの時期は坂戸の農家の農繁期の前であり、主産業である養蚕の安全と繁栄を願うため、いわば、農事暦の節目としても重要な意味を持つ祭りでもあった。
 祭りでは、本堂の前の花御堂(はなみどう)に納められている誕生仏に柄杓で甘茶をかけて無病息災や家内安全、商売繁盛を祈願する他、永源寺には江戸吉原を代表する名妓であり、江戸北町奉行嶋田忠政の五男権三郎と仙台の大名・伊達綱宗が奪い合ったと言われる高尾太夫が祀られていることから、昔ながらの花魁道中も行われる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
350-0227 埼玉県坂戸市仲町12-69
名前
釈迦降誕祭




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter