NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/4

龍勢祭り Ryuusei-matsuri 

Jp


 龍勢祭り(りゅうせいまつり)は埼玉県秩父市の椋神社(むくじんじゃ)で毎年一〇月の第二日曜日に行われる祭りである。
 椋神社は平安時代の律、令、格の施行細則を集成した法典『延喜式(えんぎしき)』の神社一覧を記した『神名帳(じんみょうちょう)』にも載る古い神社である。
 龍勢祭りは江戸時代から行われている祭りであり、その名の通り、今でいうロケット花火を農民たちが打ち上げ、その花火が勢いよく上空を舞う姿が、まさに龍が天を昇る姿であるように見えたことからこの名がついたといわれている。
 祭りの当日には龍勢作りの27の流派が、それぞれ工夫をこらしたロケット花火を打ち上げる。龍勢作りには長い竹を利用し、火薬筒に松材を使い、縦に真二つに切って中をくり抜き、それを合わせて竹のタガをかける。火薬は黒色火薬を使う。
 祭り当日は朝9時頃から東西、東西から椋の神社にご奉納の口上とともに総勢30発のロケットが打ち上げられる。
 龍勢祭りは埼玉県の無形民族文化財に指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
369-1503 埼玉県秩父市下吉田字芦田
名前
龍勢祭り




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter