NIPPON Kichi - 日本吉

2006/11/28

木と漆の器 大蔵豊彦 Ki-to-urushi-no-utsuwa Ookura Toyohiko Wooden lacquered vessels: Toyohiko Okura

Jp En


 新潟県上越市に工房を構える木地師、大蔵豊彦。日本伝統の木工轆轤(ろくろ)で器の形を削りだし、漆を塗り、さまざまな木の器を造っている。すべての工程を自分で行う木地師としてのプライドとこだわりは、製作道具である刃物(かんな)にもおよび、自ら鋼を鍛えて造るのだという。
 目指すのは「日常の漆器」。あきのこない、使い勝手のよい実用の器に勝負をかける。その温かい表情の漆器は日本全国のファンの人気を集めている。
 大蔵豊彦の工房では、記念の木材で、世界にひとつだけの器をオーダーメードすることもできる。人生の節目の折に作る記念品としてもぴったりだ。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
942-0036 新潟県上越市東中島1186
名前
大蔵豊彦
電話
025-543-0677




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter