NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2007/6/28


縁桂 Enkatsura Enkatsura

Jp En

 縁桂(えんかつら)は、北海道乙部町の国有林内にそびえ立つ、樹齢500年の連理の巨木である。樹高40m、幹周610cmの威風堂々とした存在感を放つ。
 2本寄り添うように立っている桂の木が地上7mのところで1本の桂から出た枝がもう片方の桂の幹に結合している。このことから、「縁結びの神が宿る木」と呼ばれ、愛のシンボルとして人気があり、地元では大切に守られ毎年9月23日には縁桂まつりが行われている。
 縁桂の前には立派な社が建てられ、その前の渓流には木橋が整備されている。この橋を渡った所には鐘が下がり、近年では、この鐘のある場所で樹前結婚式も行われている。
 縁桂は、平成十二年に全国巨樹・巨木「森の巨人たち100選」にも選ばれているという。
 
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/25


神庭の滝 Kanba-no-taki Kanba Falls

Jp En

 「神庭の滝(かんばのたき)」は、岡山県の北西部真庭市に位置する「神庭の滝自然公園」の中にある滝。
 落差110メートル、幅20メートルの滝からは豊かな水流が轟々と流れ、その音は遠く離れた滝見の遊歩道まで響き渡る。西日本随一の名瀑として知られ、「日本の滝百選」にも選ばれているという。
 周辺には、約200匹の野猿も生息しており、愛らしい姿をそこかしこに覗かせる。また、渓谷林も美しく、カツラやケヤキ、イタヤカエデ、イヌシデなどの落葉樹のほか、ケグワやイワシデなどの珍しい樹木も観察できる。特に春の新緑や秋の紅葉の時期は見事な景観を誇り、年間11万人もの観光客が訪れるという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/16


権現山の大カツラ Gongen-yama-no-ookatsura Big Katsura on Mt. Gongen

Jp En

 山形県最上郡最上町にある、「権現山」の山頂近くにある大木。
 幹の周りは19.2メートル。高さ40メートル。樹齢数百年の「カツラ」である。環境省の登録では日本最大級。
 主幹は複雑にコブがからまっている。地上から2メートル程のところで、7本程度の幹に分かれて立ち上っている。その姿を「龍」にたとえる人が多く、幹にも龍の鱗や、顔に見えるとされる説がおおい。
 幹の中心が空洞化しており、人がすっぽりと入れる。昔窯で焼いた陶器などをこの中におさめていたのではないかといわれる。
 入り口の林道には、「権現山の大カツラ」の案内板が、目立つように設置されている。45分ほどの道のりを中腹まで歩く。
 近くには「最上川白川渓流公園」があり、キャンプなどができ、自然とのふれあいを楽しめる場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter