NIPPON Kichi - 日本吉

2008/10/3

藩庁門 Hantyoumon 

Jp


 長州藩主毛利敬親は、幕末の有事に備え藩庁を萩から山口に移す決意をし、文久三(1863)年に現山口県庁の地に政事堂建設を着工している。
 藩庁門はその藩庁の正門で、脇門付薬医門、切妻造り、平入り、本瓦葺きで、山口県の重要文化財に指定されている。
 明治四(1871)年までは山口藩庁門として使用され、それ以後も山口県庁門として引き続き使用された。
 大正初年新しく県庁舎が竣工し、正門も東寄りに築造されたが、この門はそのまま西口の役割を果たしながら使用され現在もなお使われている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
山口県山口市滝町
名前
藩庁門


keywords :


NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter