NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/22

山口 笠山 Yamaguchi Kasayama 

Jp


 山口の笠山(かさやま)は、山口県萩市越ヶ浜にそびえる、標高112.2mの日本一小さい火山である。
 笠山は、火山活動により溶岩が流れて陸とつながった休火山島で、対馬海流の影響で、暖地性植物も多い。萩城の北東にあたり、当時は樹木の伐採などが禁止されたため、自然が残された。
 周囲には溶岩のすき間から海水や風が出入りする池や風穴が多く存在し、暖・寒地性の植物も多く、天然記念物のコウライタチバナの自生地でもある。
 山の姿が市女笠(いちめがさ)に似ている事から、この名になったという。
 山頂には直径約30m、深さ約30mの噴火口があり、日本海に浮かぶ六島や海岸線を一望できる大パノラマが広がる。
 笠山は、日本で一番小さな火山であり、萩随一の景勝地である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
758-0000 山口県萩市越ヶ浜
名前
笠山
電話
0838-25-3139




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter