NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/1/26


鏝絵 Kote-e Kote-e Plaster Relief Carving

Jp En

 日本で発展した漆喰を用いて作られるレリーフ。左官職人が鏝で民家や土蔵の壁に漆喰によって施された彫塑。
 絵柄は、説話や物語、身近な動物や空想上の獣などが取り上げられ、庶民の祈りや願いが込められている。
 鏝絵という名称は比較的新しく、「伊豆長八」こと入江長八の漆喰彫刻をさして鏝絵といったのが始まりとされ、昔は漆喰細工、鏝細工、壁絵、泥絵などと呼ばれていた。
 幕末から明治にかけて生まれた職人たちが、激動の近代を駆け抜け、競い合うかのように生み出していった漆喰彫刻。そこには見えざる熱き想いと、気高い職人魂を感じる。
 一時は幻の技巧となったが、近年、建築の分野で再評価が進んでいる。毎年「全国漆喰鏝絵コンクール」が、長八の故郷、松崎町で開催されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2006/12/11


弘前のねぷた祭り Hirosaki-no-Neputa-matsuri The Neputa festival of Hirosaki

Jp En

 弘前ねぷたは、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつである夏祭り。大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者人形や武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。 扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)を合わせると約70台ものねぷたが運行される。
 ねぷたは、文禄2年(1593年)藩祖佐藤為信が京都滞在中、盂蘭盆会で都人に見せるため、二間 四方の大燈籠を出したのが始まりと伝えられている。
現在の弘前ねぷたは、子どもねぷた、前燈籠など、さまざまな趣向を凝らし、躍動感あふれる美しさが圧巻だ。勇壮な鏡絵と裏の妖艶な美女の見送り絵。囃子の音色に太鼓の力強い響きは情緒たっぷり。
 弘前ねぷたは、昭和55年(1980年)には国の重要無形民俗文化財に指定された。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter