NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/1/26


福沢旧居 Fukuzawa-kyuukyo The Fukuzawa Residence

Jp En

 福沢旧居は、大分県中津市留守町にある、福沢諭吉が幼年・少年・青年時代を過ごした、国指定の史跡となっている家である。
 諭吉は天保五(1835)年に大阪堂島の中津藩蔵屋敷で生まれた。父が死亡したので諭吉が1歳6ヶ月の時に帰藩し、この家で19歳まで暮らした。
 庭に建つ土蔵は諭吉が改造し、勉学に励んだという。母屋は、起居した場所である。また隣接する記念館には、諭吉に関する様々な資料が展示されている。
 その後19歳で長崎に蘭学の勉強に行った諭吉は、やがて英語の必要性を痛感し、ほぼ独学で英語の勉強を始め、最終的に咸臨丸でアメリカまで行っている。
 後に、340万部売れたという「学問のすゝめ」を出版、慶応義塾の創始者となる。
 福沢旧居は、民主主義の先覚者・諭吉の若年期を偲ばせる歴史的家屋である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/25


大高下ふるさと村 Okouge-furusatomura Okoge Hometown Village

Jp En

 「大高下ふるさと村」は中国山地の麓、阿波川の清流に沿って開ける山里である。茅葺屋根の民家や水車小屋が点在し、日本の田舎の原風景をそのままとどめた、のどかなたたずまいを見せる。
 ふるさと村はふるさとの景観を残し、郷土を見直そうと言う趣旨から設けられた制度で、岡山県のふるさと村は昭和四十九(1974)年に設けられ、県内7ヶ所のふるさと村が指定を受けた。大高下ふるさと村もそのひとつである。
 村ではモミジやナナカマド、コブシなどの樹々が初夏には緑濃く、秋には燃え立つような紅葉に彩られ、四季を移ろう美しさが訪れる人々の目を楽しませている。
 村を流れる落合渓流ではニジマスを放流した「渓流釣り場」があり、渓流釣りや魚のつかみ取りが楽しめる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter