NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2007/1/12


本場黄八丈 Honba-Kihatijou Honba-kihachijo Fabric

Jp En

 本場黄八丈は、東京都の八丈島八丈町にて織られる優雅な黄色・茶色・黒が特色の織物である。
八丈島は昔から都からの流人によって絹織物の技術がもたらされていたため、絹織物の生産に優れ、室町時代から貢納品として八丈の絹を納めていたとされる。
 寛永年間にはタブノキの樹皮を使った鳶色の織物が織られるようになり、寛政年間ごろに現在の黄八丈に使われる染色技術が完成されたといわれる。
 黄八丈の特徴は、八丈固有の風土から生まれた「染め」と「織り」である。黄・茶・黒の三色が主体で、全て八丈島で自生する草木を原料とする天然染料である。
 黄八丈は、長い年月を経ても変色することがなく、洗えば洗うほど鮮やかな色のさえを見せるという、素晴らしい特色を持つ織物である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter