NIPPON Kichi - 日本吉

記事数5件: 1~5 件表示          

2007/9/10


薩摩硫黄島 Satsuma-iou-jima 

Jp

 薩摩硫黄島は、鹿児島県鹿児島郡三島村にある東西5.5km、南北4kmの火山島で、竹島、黒島とあわせて鹿児島郡三島村を構成している。
 この島は、6300年前に大噴火した鬼界カルデラの縁にできた山であり、主峰の硫黄岳は標高703.7mの、硫気活動が盛んな火山である。
 噴気が活発で、島のあちこちから温泉が噴出し、海水を異様な色に変色させている。その姿はマグマ溜まりから突き出した煙突のようにも見える。
 日本史において鬼界ヶ島を名乗っていたと考えられている島の一つであり、硫黄のために島の周辺海域が黄色に変色していることから「黄海ヶ島」と呼ばれ、これが「鬼界ヶ島」に書き換えられたとの説もある。
 薩摩硫黄島は、活火山によって成り立つ南国の島である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/5


大杵社の大杉 Oogosya-no-osugi 

Jp

 大杵社は宇奈岐日女神社(うなぎひめじんじゃ)の末社で、草創は本社の六所宮と同じ景行天皇の時代と云われている。
 ここには鬱蒼と茂る大杉が何本もあり、昼でも暗いほど杉木立に覆われている。その中でも一際大きい「大杵社の大杉」は1934年に国の重要文化財に指定され、根元の周囲が13・3メートル、高さは38メートル。根元には畳3枚ほどの空洞があり、樹齢は1000年以上と言われている。
 この空洞に1897年の大晦日、ごみ焼き火が入り2年2ヶ月と2日も燃え続け、「煙が幹の30メートル上部の穴から噴出した」と伝えられている。
 一時はこれでおしまいかと思われた大杉。しかし、この空洞内に巣食っていた害虫が炎と煙で殺菌されたのか、前よりも勢いが増したとも言われている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2006/12/17


鍋島藩窯公園 Nabeshimahanyou-kouen Nabeshima Fief Kiln Park

Jp En

 鍋島藩窯公園は、300年もの歴史をもつ大川内山の窯元群と、伊万里川をはさんだ対岸にある丘陵地を中心に整備された公園。
 公園内には古窯跡など歴史的文化遺産が点在する。鍋島藩窯の秘法を守ったとされる関所、磁器のオブジェや、レンガ造りの煙突や窯元が立ち並び、多彩な彩りの「大壁画」、また町並みを一望する展望台を設けた展望ゾーンなどがある。静かな街並みと自然に調和する。
 伊万里焼で作られた大きな14個の風鈴が奏でる「めおとしの塔」の鈴の音がどこからとなく聞こえてくる。日本の音風景百選にも選ばれた音色が美しく・優しく秘窯の里・大川内山に響きわたる。
 年中行事では春(4月)には窯元市、夏(6月〜8月)には風鈴まつり、秋(11月)には鍋島藩窯秋祭りが開催され、たくさんの観光客で賑わう。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2006/11/29


茶臼岳 Chausu-dake Mt. Chausudake

Jp En

 栃木県の那須連峰のひとつ、標高1915メートルの茶臼岳。臼状に盛り上がった溶岩が形作る特徴のある山頂と、今でも盛んに噴煙を上げる荒々しさが多くの人を惹きつけてやまない。
 途中の至る所に火山活動を示す水蒸気の噴出や硫黄のにおい、そして激しい噴出音が聞こえる。硫化物で黄色く変色している岩も目立つ。また、茶臼岳は高山植物の宝庫で、5月頃はミネザクラ、下旬にはヤマツツジが山頂付近に咲き誇る。紅葉の季節には絶景が広がり、見ごたえ充分だ。
 ロープウェイからだと30分から40分で登れることもあり、小さな子どもを連れた家族も多いという。終点の「山頂駅」からは徒歩40分ほどで茶臼岳山頂に到着できるので、ファミリー登山にも最適だ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2006/11/27


大分別府海地獄 Ooita-beppu-umijigoku Umi Jigoku at Beppu Hot Spring

Jp En

 日本一の湧出量を誇る温泉地・別府。観海寺や鉄輪、亀川などの別府八湯と呼ばれる温泉郷を中心に、約3000もの源泉から豊富な温泉が湧出。海地獄、山地獄、かまど地獄などの8つの地獄を見てまわる「地獄めぐり」は定番の観光コースとなっている。
 「海地獄」は、8つの地獄の中では最も規模の大きなもの。お湯の温度は98度もあるのだが、水面が美しいマリンブルーをしているので、南の海のように涼しげに見える。
 今から1200年前に鶴見岳の爆発により誕生した「海地獄」は、湯に硫酸鉄の成分が含まれているために光と反応して蒼い色に見えるのだとか。「地獄」の名とうらはらに、思わず吸い込まれてしまいそうな美しい蒼色だ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数5件: 1~5 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter