NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2007/1/10


北山丸太 Kitayamamaruta Kitayama Log

Jp En

 数奇屋造りには、北山杉が必ずといっていいほど使われているという。京都洛北の中川地区を中心に製造されている杉丸太の総称であり、京が誇る銘木である。
 北山丸太は材質が緻密で木肌が滑らかで光沢があるのが特徴だ。また、木肌の色が美しく、変色しにくく、割れにくいなど数々の特質を備え、多くの建築家やお茶人、文化人に愛されてきた。
 北山丸太の歴史は室町時代に遡り、茶道の興隆とともに現代まで六百年、脈々と受け継がれてきた。杉の木肌を痛めずに如何に育て製品化するかという一点に多大な労力をかけ、様々な工夫と努力が凝らされている。苗木の選定から植林、枝打ち、下草刈り、伐採にいたるまで一本一本心を込めて生産される。今日の北山林業の繁栄は、こうした先覚者のたゆまぬ情熱によりもたらされたのである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter