NIPPON Kichi - 日本吉

記事数8件: 1~8 件表示          

2008/7/11


紺絲威鎧 Konitoodoshi-yoroi 

Jp

 紺絲威鎧(こんいとおどしよろい)は、愛媛県今治市大三島町宮浦の大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)に伝わる防具である。国宝に指定されている。
 大山祇神社は、推古天皇二(594)年に創祠されたと伝わる、日本総鎮守ともされる古社である。祭神は大山積神(おおやまつみのかみ)。国宝8件、国の重要文化財75件を所有する日本有数の神社である。
 源平合戦で、屋島合戦に軍船130隻を率いて源義経軍に加わり、後には奥州藤原氏の討伐にも参加した三島水軍の総帥である河野通信(こうのみちのぶ)所用と伝わっている。
 見目が大変美しく、現在は源平合戦時代の鎧の代表作であるとされている。
 紺絲威鎧は、屋島・壇ノ浦の合戦の戦勝のお礼に奉納したと伝わる貴重な鎧である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/4/3


小烏丸 Kogarasumaru 

Jp

 小烏丸(こがらすまる)とは、天皇家の宝刀である。
 ある日、桓武天皇の元に伊勢神宮からの使いであると、一羽の大きな烏(からす)が舞い降り大刀を授けられた、との伝説からこの名が付けられたと言われる。
 この刀を打ったのは天宝時代の大和の刀鍛冶、天国(あまくに)であるとされている。
 平安時代末期、平貞盛が平将門・藤原純友らの起こした反乱、承平・天慶の乱(じょうへい・てんぎょうのらん)を鎮圧する際に、天皇よりこの刀を拝領、以後、平家一門の家宝となっていたが、壇ノ浦の戦いで一度行方不明となる。しかし、江戸時代に入り小烏丸の所在がわかり、現在では皇室御物として保管されている。
 刀剣としての特徴は、刀身の先端から半分以上が両刃となり、斬ることよりも突くことに適した刀で、鋒両刃造(きっさきもろはづくり)または小烏造と呼ばれている。ミステリーの多い、神秘的な刀である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/13


日向十五夜祭り Hyuuga-jyuugoya-matsuri Jugoya Festival (Moon Festival) in Hyuga

Jp En

 日向十五夜祭り(ひゅうがじゅうごやまつり)は宮崎県日向市で毎年中秋の名月の頃に催される祭りで、人々からは「十五夜さん」とよばれている。
 日向市あげての祭りであり、見立細工や花屋台が奉納され、舞踊隊が道一杯を練り歩くことで有名である。沿道では多数の人々が見物し、県外からも多くの観光客が訪れる。
 この祭りのルーツは、壇ノ浦の戦いで、椎葉に逃げ落ちた平家の武者を追ってきた、那須与市(なすのよいち)、工藤祐経(くどうすけつね)の二人の武将がいた。彼らが兵士の士気を高めるため、鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮から勧請し建てた、富高八幡宮の祭礼が始まりといわれている。
 近年では日向市に八百年前から受け継がれている日向十五夜太鼓も組み込まれ、まつりの雰囲気を一層盛り上げている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/5/2


極楽山西方寺 Gokurakuzansaihou-Ji 

Jp

 極楽山(定義山)西方寺は、宮城県仙台市青葉区にある浄土宗の寺である。本尊は、阿弥陀如来(定義如来)とされる。
 一二世紀、中国から平家に阿弥陀如来画像の宝軸が送献された。
 平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後、平貞能がこの宝軸を守り、名も定義と改めて隠れ住んだ。それが定義如来の名の由縁である。
 建久9(1198)年、貞能が死ぬと、従臣らが墓上に小さな堂を建てて、宝軸を定義如来として祀った。
 宝永3(1706)年、従臣の子孫・早坂源兵衛が出家し、極楽山西方寺の開創となった。
 山内には壮麗な美しさを誇る五重塔をはじめ、天皇塚、長命水、定義玉手箱などがある。また、浄土宗では珍しく祈祷を行い、多くの信者が訪れる。
 極楽山西方寺は、源平時代より続く古式ゆかしい寺院である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/9


しものせき海峡まつり Shimonoseki-kaikyou-matsuri Shimonoseki Channel Festival

Jp En

 しものせき海峡まつりは、山口県下関市で毎年五月に行われる祭りである。
 壇ノ浦の戦いにちなんだ祭事であり、多くの行事が行われる。
 中でも先帝祭は、豪奢な衣装に身を包んだ太夫の参拝であり、戦乱を生き延びた平家の女官達が、年に一度安徳天皇の命日のみは女房装束に身を包み、赤間神宮へと参詣を行った事が始まりとされる。後に遊郭の遊女達がその心意気を継ぎ、参拝を続けたのが、現在の上臈道中といわれる歴史の深い行事である。
 これ以外にも、紅旗、白旗や幟をたなびかせた200以上の船に鎧武者が乗り込み、水上での行列を行う源平船合戦や、巌流島での武蔵と小次郎の決闘を再現する巌流島フェスティバルなどのイベントが各地で繰り広げられる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/24


下時国家 Shimo-tokikunike Shimo-Tokikuni House

Jp En

 平家の子孫、平時国(たいらのときくに)を祖とする家。壇ノ浦の合戦後、平家の武将、平時忠(たいらのときだた)は能登に流され、その後、輪島に移り住み、時国家(ときくにけ)の祖となる平時国が生まれたとされている。
 時国は平家を捨て、姓を時国とした。貧困に喘ぐ輪島の農村・農民を助け、人心を得てこの地の豪農となり、江戸時代には、庄屋として名字帯刀を許可された。
 十三代籐左右衛門時保の時、次男の千松が分家、下時国家を名乗る。藩の山役や塩吟味役などを勤め、本家とともに繁栄した。
 現在の住宅は寛文十(1670)年、分家の時の建築、と言われているが確証はない。
 奥能登農家の大型の家屋で、土間が広いのが特徴である。庭園も国指定の名勝。
 壇ノ浦の戦いで命を落とした安徳天皇を祀り、能登安徳合祀時国家とも呼ばれる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/11


安宅の関跡 Ataka-no-seki-ato The Remains of Ataka no Seki

Jp En

 石川県小松市を流れる梯川の河口付近にある関所跡。かつて守護富樫氏が設けたといわれている。
 壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼした源義経であるが、猜疑心から義経を討とうとする兄の頼朝から追われる身となる。頼朝は、義経を捉えるために各地に関所を設ける。安宅の関もその一つ。
 文治三(1187)年、義経弁慶一行が、山伏に扮してこの関の通過を試みるが、関守富樫左右衛門は、一行を疑い、問答が始まる。
 東大寺復興のため勧進に諸国を巡っていると申し立て、何も書かれていない勧進帳を読み上げる弁慶。さらに冨樫氏に疑われた強力姿の義経を、義経に似ているのが悪いと打ち据える。
 既に正体を見抜いていた冨樫であるが、そこまで忠義を尽くす弁慶に心討たれ、一行を通したという。
能の「安宅」、歌舞伎の「勧進帳」の舞台の関所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/7


鰐淵寺 Gakuenji Gakuenji-temple

Jp En

 島根県出雲市にある天台宗のお寺。
 推古2年(594年)、天皇が眼病にかかった時、智春上人が浮浪の滝に祈祷、平癒したことから、天皇の発願により建立されたといわれている。
 寺の名の由来が残っており、上人が誤って仏器を滝壷に落とされ、それを鰐(ワニザメ)が拾って浮かび上がらせたところからこの名前が付いたとされている。
 浮浪の滝は寺の入り口から500メートルほど入った地点にあり、滝つぼの奥の断崖には「蔵王堂」と呼ばれる祠が見られる。
 また弁慶が修行したところとも言われている。義経に付いて壇ノ浦の合戦で勝利した後も、この寺に身を寄せ、その伝説や遺品が残されている。
 毎年10月には弁慶祭りが行われ、すばらしい紅葉の中、10月下旬から11月いっぱい開催される紅葉祭りは大勢の人でにぎわう。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数8件: 1~8 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter