NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2008/9/12


けん玉遊び Kendama-asobi 

Jp

 けん玉遊びとは、3つの皿と1つのけん先、そしてその本体に紐で繋がった玉を1セットとした玩具・けん玉をを使った遊びである。
 発祥地は、フランス、ギリシャ、あるいは中国など、諸説あるが、詳細は判明していない。
 日本へは安永五(1777)年頃にシルクロードを通じて伝わったと言われており、今使われている皿が3つ付いている「けん玉」は、大正時代に登場し、当時は玉を太陽、皿を月に見立てて、日月ボールと呼ばれていた。
 遊び方は、バランス良く球を皿の上に乗せたり、けん先に入れたりするというもので、球を置く部分、回数などによって勝敗を競う。現在では、全国規模の大会もスポーツ競技として行われている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/14


【環】 Kan The Character for Cycle, Ring, Surround

Jp En

 環境の環。その形がなかなか深い意味を語っています。上の部分は目です。その下に衣と○があります。○は玉。この三つの要素を含む字体のほかに、さらに強調のために玉偏(たまへん)をつける字体もあります。玉偏自体は三つの玉を貫く紐の形です。
 この字は実は古代の葬儀、死者の復活思想、信仰と関係があります。上の目は開いているので、死者の復活を願う象徴です。古代には死者に玉の賜物を副葬品として添える習慣があったのです。この字はその玉を衣服の襟元に置いた形です。玉を死者の口に含ませることもあり、それは「含」という字になりました。
 白川静先生の著作、『孔子伝』などにもしばしば出てくる荘子の『荘子(南華真経)』に、こういう様々な古代の習慣がよく取り上げられています。もちろんむしろ否定的に。例えば、『荘子(南華真経)』外物篇に道徳的よりどころであるはずの『詩経』と『禮経』の墓と副葬品などの詳しい記述を頼りに、墓を盗掘したり、死者に添えた玉を奪おうとする儒者のことが風刺的に描かれています。
 また白川先生が、日本の代表的な哲学者である西田幾多郎には、漢字の世界をある意味で哲学化した荘子の影響がかなり見られると指摘されているように、そういう背景から見ると漢字には古今を結ぶ一面があります。
 人類の生死に関わる環境。健全な環境の保持を考えるにふさわしい字ではないしょうか。
 
■ 環・金文(きんぶん)
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter