NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/2/1


石切神社 Ishikiri-jinjya Ishikiri Shrine

Jp En

 大阪府東大阪市東石切町にある神社。正式名称を「石切剣箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)」という。「石切神社」は通称である。
 俗に「石切さん」、「デンボ(腫れ物)の神さん」と呼ばれ、大阪の庶民に親しまれている。昭和に入り腫れ物の治癒に卓効があるとして信仰されるようになった。
 石切剣箭神社の名前の由来は、どんな強固な岩でも切れ、差し貫くことができる鋭い剣と矢をご神体として祀っていることによる。腫れ物に効く神社として信仰されるようになったのは、おそらくその武器で「腫れ物を切る」というイメージから来ていると思われる。
 伝記によると、創建は神武天皇二(紀元前658)年、宮山の上之社が建てられたとされている。
 「お百度参り」はご利益があるとして全国的に有名となっており、毎日お百度を踏む人々が絶えない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/23


大岩の藤水 Ooiwano-fujimizu Fuji Water of Ooiwa

Jp En

 富山県中新川郡にある大岩山日石寺の境内の中には「藤水」という霊水がある。眼病に霊験がある水と伝えられている。
 「越中旧自記(えっちゅうくじき)」にはこんな言い伝えが残っている。「元禄十五(1702)年、越後のある目の不自由な百姓が、不動明王から『日石寺の滝の脇に藤木が有る。その下の水で目を洗え』とお告げを受けた。さっそくその水で目を洗ったところ目が開いたという」。
 この伝説から、大岩日石寺にある岩仏の不動明王(国の重要文化財)の周りをめぐってこんこんと湧き出る清水は「藤水」と呼ばれ、眼病に霊験あり、と古くから人々に信じられてきたのである。
 境内にはメグスリノキ(目薬の木)も生えており老眼に効能があるとされ、現在では煎じ用の乾燥メグスリノキが販売され、参拝客の人気を集めているという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter