NIPPON Kichi - 日本吉

記事数51件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/6/30


小牧山城 Komakiyama-jou 

Jp

 小牧山城(こまきやまじょう)は、愛知県小牧市の市街地西に位置する、標高約八六メートルの小牧山にある。
 桶狭間の合戦ののち、尾張平野の中に孤立した丘陵と、その麓を利用し、永禄六(1563)年に織田信長が築いた平山城である。
 信長の死後、天正一二(1584)年「小牧・長久手の戦い」において、豊臣秀吉と戦った織田信雄(のぶかつ)・徳川家康連合軍が大規模な改修を施し陣城とした。
 その後、小牧山は尾張藩によって入山が禁じられた。明治以後もこの規則は守られ、明治二二(1889)年に尾張徳川家に払い下げられた。
 昭和五(1930)年に尾張徳川家の徳川義親(とくがわよしちか)から小牧市に寄贈されて以後、自然公園として整備された。
 現在は城址公園となり、削平地や復元された空堀、土塁、旧虎口跡などがある。また山頂に展望台がわりの模擬天守が建っており、内部は歴史館となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




神岡城 Kamioka-jou 

Jp

 神岡城(かみおかじょう)は、岐阜県飛騨市神岡町城ケ丘にあった城である。
 永禄七(1564)年、越中への侵攻拠点とする事を目的に、武田信玄の命令で江馬時盛(えまときもり)が築城し、高原諏訪城の支城となった。
 天正一三(1585)年、金森長近による飛騨攻略の結果、その家臣・山田小十郎が城代となったが、元和元(1615)年に江戸幕府の一国一城令で破却され、廃城となった。
 元々は江馬館、東町城などと言われ、江戸時代に書かれた「飛州志」には江馬之御館と書かれていたが、昭和四五(1670)年、城跡に模擬天守を造った時に、神岡城という名前になった。
 現在、城跡には再現された天守閣や残された遺構である壕や石塁などがあり、内部では実際に使用された鎧、刀剣、馬具などが一般公開されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




津城(安濃津城) Tsu-jou(Anotsu-jou) 

Jp

 津城(つじょう)は、三重県津市丸の内にあった城である。別名・安濃津城(あのつじょう)とも呼ばれる。
 永禄年間(1558~1569)に、長野氏の一族・細野藤敦(ほそのふじあつ)が安濃・岩田の両河川の三角州に小規模な安濃津城を構えたのが、始まりとされる。
 北は安濃川、南は岩田川に挟まれ、これらを天然の大外堀としていた要害である。
 以後、何人か城主を替え、慶長一三(1608)年、藤堂高虎が伊勢・伊賀22万石をもって入城した。高虎は城の大改修に着手し輪郭式の城郭に変貌させ、城下町を整備し、明治維新まで藤堂氏の居城となった。
 現在、城跡はお城児童公園となっており、北側の本丸石垣には、築城時の石垣に修築時の石垣が継ぎ足された様子が伺える。
 津城は、戦国時代を生き抜いた歴戦の城である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/6/26


吉田城(今橋城) Yoshida-jou(Imabashi-jou) 

Jp

 吉田城(よしだじょう)は、別名・今橋城(いまばしじょう)とも呼ばれ、永正二(1505)年、今川方であった牧野古白(まきのこはく)によって築城された。
 近隣の豪族との抗争を繰り返し、天文一五(1546)年になって今川義元が城代を置いた。
 戦国争乱の世の中で、東三河の要であった今橋城は、戦国武将が激しい攻防を操り返す中で、名前を今橋から吉田と改めた。
 永禄八(1565)年、徳川家康は今川氏の最大拠点であった吉田城を攻略し、酒井忠次を置いた。
 そして天正一八(1590)年、徳川家康の関東移封により、池田輝政が一五万二千石で入城、城下町の整備などをおこなったが、慶長五(1600)年の関ヶ原の戦いの後、播州姫路に所替えとなった。
 現在、吉田城跡のある豊橋公園には、本丸跡に復元された三層の隅櫓があるほか、石垣や空堀、土塁などが残されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/6/12


西尾城(錦城) Nishio-jou(nishiki-jou) 

Jp

 西尾城(にしおじょう)は、別名を錦城(にしきじょう)といい、鎌倉時代前期の創築とされる古い歴史を持つ城である。古くは西条城という名前でも呼ばれていた。
 承久三(1221)年に三河守護・足利義氏(あしかがよしうじ)が築城した。
 その後、長男の長氏(ながうじ)に城を譲り、三男の義継(よしつぐ)に東条の地を支配させ、自らは二男の泰氏(やすうじ)とともに下野足利の地へ戻った。
 以後、長氏は吉良と称して代々この地を治めたが、永禄三(1560)年に勃発した桶狭間の戦いにより今川義元が戦死すると、牧野成定(まきのなりさだ)、酒井正親(さかいまさちか)・重忠(しげただ)、田中吉政が城主となり、城名を西条城から西尾城へ改名した。
 現在、本丸跡には御剣八幡宮および西尾神社があり、野面積みの石垣と濠の一部が残っており、近くに「西尾資科館」が建っている。
 平成八(1996)年には三層の本丸丑寅櫓(ほんまるうしとらやぐら)が再建された。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/22


勝龍寺城 Shouryuuji-jou 

Jp

 京都府の「勝龍寺城(しょうりゅうじじょう)」は、延元四(1339)年に足利尊氏に属していた細川頼春が北朝方の前線基地として築いた。これは京都盆地の南西部に位置する為である。
 応仁元(1467)年の応仁・文明の乱では、細川勝元を総大将とする東軍に対抗する為に畠山義就が城主となった。戦国時代になると岩成友通が城主になるが、永禄一一(1568)年に織田信長が上洛の際、柴田勝家の軍勢に攻撃され落城。その後、信長から勝龍寺城を与えられた細川藤孝(幽斎)は城の大修築を行なったという。
 この勝龍寺城は、幽斎の子である忠興と明智光秀の三女・玉(珠)が祝言をあげた場所と伝えられている。明智玉は、後にキリシタンとなり、ガラシャという洗礼名のもと、最後までその信念を貫き通したことで知られる。
 天正一〇(1582)年、山崎の合戦で落城、その後に廃城となってしまう。
 現在は本丸などが復元され、「勝龍寺公園」として整備され、人々に広く親しまれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/14


二曲城 Futoge-jou 

Jp

 鳥越城と共に、加賀一向一揆の拠点となった二曲城(ふとうげじょう)は、大日川を挟んで鳥越城の対岸にある、やや低い山の尾根に築かれた山城である。築城については定かではないが、一説によると永禄一三(1570年)頃、豪族二曲右京進(ふとうげうきょうのしん)が築城したといわれている。
 本願寺より派遣された鈴木出羽守(すずきでわのかみ)が鳥越城を築いた後は支城として鳥越城を補佐し、天正八(1580)年一一月に織田軍に対し落城するまで抵抗した。
 規模はやや小さいが、登山道入り口には虎口の土塁、頂上には平削地があり、鳥越城を背後から見守る砦の役目をしていた面影が今も残されている。
 麓には親水公園が広がり、登山道はよく整備されている。近くには歴史館があり、一向一揆の歴史などがわかりやすく伝えられている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/4/11


凧祭り・てぬぐいたおる 乱舞 Takomatsuri-Tenuguitaoru Ranbu 

Jp

 完成度の高いオリジナル作品を生み続けるペインター・広瀬理恵子によってデザインされた凧祭り・てぬぐいたおる「乱舞」。
 今からおよそ430余年前の永禄年間に、当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝い、城中高く凧を揚げた事が始まりとされる浜松まつり。
 今では浜松まつりに欠かせない初凧・凧合戦が本格化したのは明治になってからで、凧祭りとして名高い。
 てぬぐいたおる「乱舞」は、遠州浜松大凧揚げの風景をデザインしたもので、千歳町の「てんぐ」、肴町の「鶴」など市内37町の凧印や旗が描かれている。
 伝統の祭りを評判のタオル地で日本手拭いに仕立てたこの一品は、凧合戦の熱気が伝わってくる楽しい日用品である。
 
丈は110cm×35cm
カラーは国内最多色10色を使用
Magic Garden
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数51件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter