NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2007/10/11


高茂岬 Koumo-misaki 

Jp

 高茂岬(こうもみさき)は愛媛県南宇和郡愛南町にある愛媛最南端、西海半島の西南端の断崖、豊後水道(ぶんごすいどう)に突きだした岬である。
 岬はリアス式海岸特有の、百メートルを越える男性的な断崖が連なり、岩礁に黒潮の波が砕け散る様は豪快且つ、心が洗われる思いである。一帯は足摺宇和海国立公園に属している。
 岬には遊歩道が整備されており、天気のよい日には九州が遠望でき、地平線に沈んでいく夕陽の美しい岬としても有名である。
 また、あたりには亜熱帯植物も多く生息し、秋には美しい野地菊が咲き乱れ、ススキが一面に広がる風景も展望できるなど緑に恵まれた岬である。
 また、小型の鷹の群生地としても有名で、秋の澄んだ空に群舞する鷹の姿は見ものである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/8


関崎 Seki-zaki 

Jp

 四国の佐田岬と約14キロしか離れていない、四国といちばん近い九州の岬、関崎。大分県大分市に所在する。
 鳴門海峡、関門海峡とならび称される流れの速い海峡、豊予海峡の流れで育った関アジ、関サバは身が引き締まり特別美味しいと言われ、全国的にも有名なブランド魚だ。関崎にはこの捕れたての関アジ、関サバを供してくれる魚料理店がある。
 そのほか、関崎では白い灯台や豊後水道に浮かぶ島々、対岸の四国佐田岬や山並みが一望できる。この地の展望を楽しむなら、展望・天文台施設「関崎海星館」がおすすめだ。口径60センチの天体望遠鏡を備えており、昼間は太陽の紅炎であるプロミネンスを見ることができるほか、「せとうち風景30選」に選ばれた美しい海の景色を堪能できる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/30


大入島 Ohnyu-jima Onyu Island

Jp En

 大分県、豊後水道に面した佐伯湾内に浮かぶ島。面積5・9平方キロ、外周17キロ。
 神武天皇が東征の折に立ち寄り、折れ弓を地面に立てると清水が湧き出したという、今でも真水が湧いている「神の井」がある。
 主産業として漁業が盛んであり、ちりめん、いりこは全国的にも有名。新鮮なまま加工した天日干しや燻製はみやげ物として人気が高い。
 観光にも力を入れており、海水浴場や釣り場の他、オーストラリアの姉妹都市から送られた「カンガルー公園」などがある。
 毎年1月に行なわれる「大入島トンド火まつり」は神武天皇の船を送るために焚いた火明かりが縁起とされる。無病息災を願い、十数メートルの巨大な松明が燃え盛る姿は壮観。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter