NIPPON Kichi - 日本吉

記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/10/30


大磯宿 Ooisojuku 

Jp

 大磯宿(おおいそじゅく)は、東海道五十三次の宿場のひとつ。現在の神奈川県中郡大磯町にあった。
江戸時代に徳川家康が宿場制度を成立、日本橋から京都までの幹線道路として東海道を整備した際に53箇所敷設した宿場のうち、大磯宿は日本橋から8番目の宿場として作られた。
 日本橋からは66kmの距離にあり、もし徒歩なら16時間ほどかかることになる。大磯宿は、両隣の平塚宿と小田原宿の間が東海道でも有数の近距離になるため、宿泊者が少なかったようである。
 現在、宿場町としての名残をとどめるものは数少ないが、山王町の旧東海道と国道1号の松並木は往時を偲ばせる。旧東海道の「化粧坂(けわいざか)」付近の風景は、安藤広重が浮世絵「東海道五十三次・大磯虎ヶ雨」に残している。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/10/28


平塚宿 Hiratsukajuku 

Jp

 平塚宿(ひらつかじゅく)は、東海道五十三次の宿場のひとつ。現在の神奈川県平塚市にあった。
 慶長六(1601)年に宿駅制度を成立させた徳川家康は、日本橋から京都までを結ぶ幹線道路として東海道を整備し、寛永年間までに53箇所の宿場を作った。平塚は、宿駅制度成立と同時に日本橋より7つめの宿場に指定された。本陣・脇本陣のほか約50軒の旅籠屋があったが、宿泊より休憩に使われることが多かったようである。
 平塚宿を描いた浮世絵は、安藤広重作のものを始め、多くの作品が残されている。平塚より望む富岳や大山、市内を横切る高麗山などがモチーフとなっている。平塚宿を出て西に向かえば、高麗山が前面に立ちふさがる様子は、昔も今も変わらない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/10/24


三島宿 Mishimashuku 

Jp

 三島宿(みしましゅく)は、東海道五十三次の宿場のひとつ。現在の静岡県三島市にあった。
 三島は古くから伊豆の中心地として栄え、三嶋明神の門前町として大変な賑わいを見せていた。慶長六(1601)年に徳川家康が宿駅制度を作り、東海道に53箇所の宿場を設けた際には三島宿は東海道の起点、江戸日本橋から11番目の宿駅に指定される。
 その後、三代将軍家光が参勤交代制度を制定し、各大名の往来が多くなると、三島宿は江戸防衛の役割を担うことになった。また、三島宿は伊豆半島の文化、産物の流通の中心という役割も果たしていた。諸大名や幕府役人などが宿泊した本陣は2軒、大名家の家臣が宿泊した脇本陣は3軒あったほか、一般庶民の利用した旅籠屋は64軒もあったという。三島宿の賑わいは、安藤広重の描く浮世絵「東海道五十三次」にも残されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/10/3


原宿 Harajuku 

Jp

 原宿(はらじゅく)は、東海道五十三次の宿場のひとつで、江戸日本橋から数えて13番目の宿。現在の静岡県沼津市にあった。
 原宿は沼津宿と吉原宿の間に設けられた東海道の中では小さな宿場である。しかし浮島沼を背景にした富士山の眺めは街道一といわれ、安藤広重を始め多くの浮世絵師によって描かれている。
 現在は残念ながら宿場町の面影を残すものは数少ないが、かつての旅籠屋を継いで今も営業している旅館も残る。今では近代的な建物になっているが、中に入ると奥行きは長く、宿場の建物であったことを実感できる。また、街には旅籠屋や本陣跡を示す案内板なども立ち、かすかに往時の名残をとどめている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/10/1


戸塚宿 Totsukajuku 

Jp

 戸塚宿(とつかじゅく)は、東海道五十三次の宿場のひとつ。現在の神奈川県横浜市戸塚区(旧吉田・矢部・戸塚村)にあった。
 日本橋から数えて5番目の宿で、日本橋を午前4時に出発した旅人が東海道を歩き、初日に泊る宿場が戸塚宿であったそうだ。日本橋から40kmの距離になるので江戸時代の旅人はずいぶん健脚だったことになる。
 戸塚宿は江戸寄りの「権太坂」と京都寄りの「大坂」の難所に挟まれていたため、休憩、宿泊客で大きな賑わいをみせていた。また戸塚宿は大山道・鎌倉往還との分岐点でもあり、大山参拝客や鎌倉の古寺を訪ねる人々にも高い人気があったという。
 戸塚宿跡地の現戸塚には、「お軽勘平道行」の碑や芭蕉句碑など、東海道五十三次の名残を残す歴史的な史跡もところどころ残る。遠い昔に思いを馳せて歴史散歩を楽しむ人々も多い。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/9/12


蔵敷高札場 Zoushiki-kousatsu-jyou 

Jp

 蔵敷高札場(ぞうしきこうさつじょう)は、東京都東大和市蔵敷にある史跡である。都の旧跡に指定されている。
 江戸時代の上意下達(じょういかたつ)を張り出す高札場で、徳川幕府が法度や犯罪人の罪状など住民に知らせるために使われていたもの。お江戸日本橋をはじめ江戸には三五ヶ所あったといわれるが、明治時代になり、不要となると次々に取り壊され、多摩地区では府中とこの蔵敷の二ヶ所しか残っていない。
 旧青梅街道に面した旧名主内野家の門前に設けられたものだが、府中とは違って間口二米ほどの小さい場所となっている。ここに掛けられていた高札のいくつかは、今でも内野家に保管されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/20


神田祭 Kanda-matsuri 

Jp

 神田祭(かんだまつり)は、江戸総鎮守である神田明神で、隔年の五月一〇日から一五日まで行われる祭りである。
 日枝神社の山王祭、富岡八幡宮の深川八幡祭りと並び、江戸三大祭の一つに数えられ、江戸時代には本社の神輿を江戸城内まで担ぎ込み、氏子でもある将軍の上覧を得たことから、天下祭とも言われている。
 費用の面から天和元(1681)年から幕府の命により、神田祭と山王祭を交代で隔年に行うようになり、それが今も引き継がれて、神田祭の当番の年の祭りを「本祭り」、当番でない年は「陰祭」(かげまつり)と呼んでいる。
 神社本殿から、御祭神の御霊を神幸祭で巡行する神輿へお遷しする「神輿遷座祭」(みこしせんざさい)から始まり、期間中の土曜日に行われ、神田や秋葉原、日本橋など氏子百八町を鳳輦神輿(ほうれんみこし)を中心に様々な山車と共に祭礼行列が巡行する「神幸祭」など、最終日の例大祭まで華やな江戸の天下祭が展開される。
 まさに江戸っ子の、祭に対する粋が凝縮された五日間である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/11/5


旧奥州街道 Kyu-oushuu-kaidou The Oshu Kaido Road

Jp En

 旧奥州街道(きゅうおうしゅうかいどう)は、江戸日本橋を起点として千住から陸奥白川を中心とした、奥州を通る脇街道もふくめた街道の総称である。
 徳川家康が天下統一を行った後、幕府は宿駅制度を設けて、江戸日本橋を起点とした五街道を整備し、道中を奉行に管理させた。
 奥州街道は、その五街道の一つで、江戸時代初期には主に東北諸藩の参勤交代の交通・連絡に用いられた。
 江戸中期には蝦夷地開発、江戸末期にはロシアからの蝦夷地防衛のために往来量が増加した。
 明治六(1873)年、陸羽街道と改称され、現在は大部分が国道4号となり、並行して東北自動車道、八戸自動車道が通っている。
 旧奥州街道は、江戸時代の人々にとり、奥州を旅する時に欠かせなかった中心街道である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter