NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2008/2/7


木葉猿 Konoha-saru 

Jp

 熊本県玉東町(ぎょくとうまち)の木葉に伝わる「木葉猿(このはさる)」は、郷土玩具の中で、最も古いものの一つであるといわれている。
 養老七(723)年の元旦に「虎の歯(このは)」の里で生活していた都の落人が、夢枕に立った老翁のお告げにより奈良の春日大明神を祀った。そして木葉山の赤土で祭器をつくった際、残りの土を捨てたところ、それが猿に化けたという言い伝えがあり、木葉猿が誕生したといわれる。
 型を使わず、指先だけで粘土をひねる技法で猿の土焼人形をつくり、素焼きにしたままの伝統玩具である。
 昔から素朴さとユーモアある姿は人気があり、大正時代後期には、全国土俗玩具大番付で東の横綱になった。最近では彩色したものもあり、三匹猿・子抱猿・飯喰猿など合わせて一〇種類程あり、悪病、災難除け、子孫繁栄、子授けなどのお守りとして多くの人々に親しまれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/24


ねんねこ祭 Nen-neko-matsuri Nen-neko Festival

Jp En

 ねんねこ祭(ねんねこまつり)は、和歌山県東牟婁郡串本町にある木葉神社(このはじんじゃ)にて、毎年12月第1日曜日に行われている祭りである。和歌山県の無形民俗文化財に指定されている。
 朝6時ごろから神事が始まり、昇子旭の礼拝、神功皇后の皇子愛育の故事に由来し、乳幼児の守り神として近隣から参詣者を集めている子守の神事、そして行事稲穂播きで終わる。
 非常にゆったりとした祭り運びで、暗い森の中にある石積み上に注連縄をめぐらせた神の座で、太陽を拝む事から始める所は、どこか古代の祭りを感じさせる。
 祭りの後、境内で奉納される獅子舞はこの地方独特のもので、子供の天狗のアクロバティックな動きに喝采とお捻りが飛び、見る人を魅了する。
 ねんねこ祭は、荘厳で静謐な神事である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/5/22


佐瀬勇 Sase Isamu 

Jp

 佐瀬勇さんは東京でただ一人、ガラスペンを製作する職人である。生まれは現在の千葉県印西市で、昭和十一年八月六日が誕生日。父の米蔵はガラスペンの創始者・佐々木定次郎のもとで修行した人。佐瀬さんは父に弟子入りし、佐々木定次郎直系の唯一の後継者となった。
 ガラスペンは、8本の細い溝のあるガラス棒を引き延ばしてペン先を作るもので、両手を同時に同じ早さ同じ力加減で回し続けるという、熟練の技が必要とされる。
 ガラスペンの書き味は鉛筆に近く、誰でも簡単に使える。インクはもとより墨汁なども使用できて、ペン先は腐食もせず、先端部の破損を防げば寿命は大変長いという優れもの。
 また平成元年ころ佐瀬さんが開発した「ひねりガラスペン」は、それまでの軸が竹や木のものとは違って軸とペン先が一体のガラス。見た目にも大変美しく、美術品としての赴きさえ感じさせる。発売当初、一度に2,000本の注文が来たこともあるという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter