NIPPON Kichi - 日本吉

記事数29件: 1~8 件表示     >>     >|  

2007/11/22


辰砂(シンシャ) Shinsha 

Jp

 辰砂(しんしゃ)とは、硫化水銀からなる鉱物である。
 銅紅釉(どうこうゆう)と呼ばれる事からも解るように、銅分の酸化によって得られる織部釉(おりべゆう)などの銅緑釉(どうりょくゆう)に対して、還元されて得られる様々な色合いを言う。
 辰砂という名前は、中国の湖南省辰州産のものが質が良く有名であった事による。
 日本でも弥生時代から産出され、古くは「丹(に)」と呼ばれ、水銀の重要な鉱石鉱物とされていた。
 魏志倭人伝の邪馬台国にも「其山・丹有」と記述されており、古墳の内壁や石棺の彩色、壁画に使用されていた。
 日本画などの岩絵の具の原料であり、陶芸ではこれに似た色の釉薬を「辰砂釉(しんしゃゆう)」というようになった。
 辰砂は、水銀の精製や赤色顔料として重宝される原料鉱物である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/16


群馬 高津戸峡 Gunma Takatsudo-kyou Takatsudo Gorge

Jp En

 群馬の高津戸峡(たかつどきょう)は、群馬県みどり市に広がる渓谷である。
 日光の山中に源を発する渡良瀬川が流れる渓谷で、関東の耶馬渓とも讃えられる。
ながめ公園や懸崖のゴリラ岩、ポットホール、スケルトン岩、伊勢ヶ渕など、数々の奇勝地が連なっている。
 はねたき橋は、横、縦どちらから見ても三角形に見える歩行者専用橋で、「水が飛散する様が滝のように見える」という由来で名付けられた。床には全国各地から寄せられた鳥・魚・花を描いた120枚のタイルが埋め込まれている。
 渓谷沿いの遊歩道も整備され、週末には多くのハイカーが訪れる。新緑、紅葉の頃は特に美しく、隠れた名所にもなっている。
 高津戸峡は、自然の景観を満喫できる美しい奇勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/19


幌満峡 Horoman-kyou Horoman Gorge

Jp En

 幌満峡(ほろまんきょう)は、北海道様似郡様似町幌満にある景勝地であり、景勝様似八景に選ばれている。
 幌満ダムの下流、幌満川に沿って延長6kmに渡って美しい渓谷が続く場所で、周辺には人の手が入ったものはほとんどなく、見渡す限りに天然林が広がっている。
 かつては人を寄せ付けない秘境の様相から日高耶馬渓といわれたが、現在その呼び名は海岸にある別の景勝地を指す。
 春の桜、夏の新緑、秋の紅葉の季節は、大自然が長い年月をかけて作り出した壮大な景色を見ることができる。
 一帯は日高山脈襟裳国定公園に指定されており、また、上流の幌満ダム近辺は、のどかなデイキャンプを過ごせる絶好の場所となっている。
 幌満峡は、原始の自然が残る天然の景勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




日高耶馬渓 Hidaka-yaba-kei Hidaka Yabakei

Jp En

 日高耶馬渓(ひだかやばけい)は、北海道様似郡様似町の、アポイ岳の山麓が太平洋に落ち込むところにある景勝地である。景勝様似八景に選ばれている。
 長い年月をかけて、国道336号の冬島の奇岩・穴岩から幌満川口までの約6kmに渡る海岸線を侵食した様子が、見事な景観を作りだしている。
 海岸からほぼ垂直に駆け上がる崖の美しさが大分県の耶馬渓に似ていることから、この名称が付けられた。
 春には切り立った崖に張り付くように根を下ろしているエゾヤマツツジが赤い花を咲かせ、他にもエゾスカシユリ・エゾカンゾウなど、多くの花が咲き、道行く人目を楽しませてくれる。
 日高耶馬渓は、急斜面に巨岩が現れ、切り立った岩壁が続くダイナミックな名勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/15


群馬 吾妻渓谷 Gunma Agatsuma-Keikoku Agatsuma Gorge

Jp En

 群馬の吾妻渓谷(あがつまけいこく)は、群馬県吾妻郡東吾妻町に広がる景勝地である。国の名勝に指定されている。
 全長は約4kmあり、特に幅3m、高さ50mの谷底で清流が渦を巻いて流れる「八丁暗がり」は、見る者を虜にせずにはいられない。
 関東の耶馬溪との異名もあり、また、歌人・若山牧水が愛した景勝としても有名である。
 新緑の5月中旬、翡翠色の水面に周囲の紅葉が映える10月の景色は、見応え抜群である。
 しかし現在、八ッ場ダムの建設によって約4分の1が姿を消す事が決まっている。
 ダム建設の話は50年前からあり、地域の利権などが絡んで半ば棚上げ状態にあったのだが、2000年代になり賛否両論が渦巻く中、着工が始まった。
 吾妻渓谷は、もうすぐ失われる、希少な景観を持つ渓谷である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




群馬 妙義山 Gunma Myougi-san Mt. Myogi

Jp En

 群馬の妙義山(みょうぎさん)は、群馬県の下仁田町・富岡市・安中市に跨る標高1104mの山である。妙義荒船佐久高原国定公園を代表する景勝地である。
 赤城山、榛名山と共に上毛三山の一つに数えられている。また、九州の耶馬渓、四国の寒霞渓と並んで日本三奇勝の一つに数えられている。
 白雲・金洞・金鶏の三峰からなり、切り立った奇岩・怪石の造り出す独特の山容は、日本有数の奇勝として知られる。
 中でも中之嶽(金洞山)の景色は圧巻で、第1石門から第4石門を始め、ロウソク岩・大砲岩・筆頭岩・ユルギ岩・虚無僧岩といった特徴を現した名前の岩石群は、日本屈指の山岳美と讃えられている。
 春は桜、秋は紅葉が美しく、山肌を季節の色に染め上げる。
 妙義山は、日本の代表的な山獄景勝地である
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/5/14


嵯峨渓 Saga-kei 

Jp

 「嵯峨渓(さがけい)」は、岩手県の「猊鼻渓(げいびけい)」、大分県の「耶馬渓(やばけい)」と並ぶ日本三大渓の一つ。松島湾内最大の島である奥松島・宮戸島の、東南端に突き出た半島である。
 嵯峨徑は室浜から萱野崎までの約2km、太平洋の荒波や、風雨にさらされ浸食され出来た海蝕崖。松島湾が見せる女性的な景観とは対照的な、男性的でダイナミックな景観は驚きと感動の連続で、自然の雄大さと美しさを見せてくれる。
 陸からは断崖絶壁なので、この雄大な自然を堪能するには、遊覧船を利用するのがおすすめ。壮大な太平洋の青い海に嵯峨渓、遠くには牡鹿半島を望む事も出来る。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/17


栃木 徳蔵寺 Tochigi Tokuzou-dera Tokuzoji Temple

Jp En

 栃木の徳蔵寺は、栃木県足利市猿田町にある天台宗の寺である。本尊は阿弥陀如来とされる。
 徳蔵寺は、人と人とがピンポン玉の様に行ったり来たり会話ができる寺を標榜し、別名ピンポン寺とも言われる。
 祀られる五百羅漢尊は、九州の耶馬渓の羅漢寺、鎌倉の建長寺とともに日本三大五百羅漢尊に数えられ、県の文化財になっている。
 他に、厄除け愛染明王尊や千庚申、かな地蔵尊など、文化財の宝庫とされている。
 また、足利七福神の一つともされ、大黒天も祀っている。
 徳蔵寺では毎月ピンポンで寺と市民との交流をしており、毎年9月の第1日曜日には、30年以上続く大会を開いている。
 徳蔵寺は、足利市民から「寺小屋ピンポン」「ピンポン寺」と言われ、慕われている寺院である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数29件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter