NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2007/8/1


どんと祭裸参り Donto-sai-hadaka-mairi Naked Parade of Donto Festival

Jp En

 どんと祭裸参り(どんとさいはだかまいり)は、宮城県の神社にて行われる行事である。
 どんと祭は、1月14日の小正月に、天神社、神明社、八幡神社、金刀比羅神社、青麻神社の五つの神社にて行われている。
 祭りでは、正月の松飾りやしめ縄、古神符などを神社に納め、御神火で燃やして商売繁盛、無病息災を祈る。
 裸参りは、どんと祭の最中に鳥追い棒を持った白サラシやパッチを身に着けた100名前後の若者たちが「ヤー、ホイホイホイ」のかけ声とともに町中を練り歩き、神社に参詣するもの。
 裸参りがいつ頃から始まったのかは定かではないが、250年程前の記録が残されており、この時代の「酒杜氏」が、醸造安全、吟醸祈願を願って参拝したのが始まりと言われている。
 どんと祭裸参りは、酒杜氏の古式の神詣に習い、盛大に神送りをする神事である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/11


讃州井筒屋敷 Sansyuu-izutsu-yashiki The Sanshuu-Izutsu Estate

Jp En

 香川県東かがわ市引田にある屋敷。醤油や酒の醸造業で有名な旧井筒屋の建物。
 その歴史は古く、元禄五(1692)年にさかのぼる。当時、醤油業で始った井筒屋は、関東方面にまで知れ渡っていた。大正2年には酒の醸造をはじめ、9年には焼酎、みりんの製造も開始。最盛期には引田隋一の商家として栄えた。
 平成までの長い歴史において栄えた井筒屋だが、平成9年には、旧井筒屋は空家となり、歴史的建造物としての存在すら危ぶまれるが、地元住民の請願により平成13年、引田町において家屋を取得、改修され讃州井筒屋敷としてオープンした。
 現在では、観光地の拠点として、また日本の醤油、酒の製造過程を残す貴重な施設となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




引田の町並み Hikita-no-machinami The Scenery of the Town of Hikita

Jp En

 香川県東かがわ市引田の地域は引田城があった城下町である。
 引田城は安土桃山時代に活躍した武将、生駒親正が築いた。現在は跡地としてわずかに石垣などが残っている程度である。
 引田はなんといっても「醤油製造」で知られるところである。佐野家の井筒屋、岡田家のかめびし屋、また大庄屋であった日下家と引田御三家とよばれた豪商。それらの屋敷や江戸時代の民家などが今も残っている。リニューアルされた旧井筒屋敷には、たくさんのお店が入っている。その北側にあるかめびし屋は瓦葺に真っ赤な壁で、ひと際目立つ。南に歩くと、日下家の立派な門構えがあり、その前には、長屋つくりの建物が多い中、大正モダン風な建物の、「旧引田郵便局」がある。規則的に並ぶ、八角形の窓が特徴的だ。
 引田の歴史を余すことなく、伝えてくれる町並みが引田の情報発信となっているようだ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter