NIPPON Kichi - 日本吉

記事数7件: 1~7 件表示          

2008/10/22


室町彫刻 muromachi-choukoku 

Jp

 室町彫刻とは、室町時代(1392~1573)に彫られた、主に仏像・肖像彫刻のことである。
 南北朝・室町を通じて木彫が主流で、偶像を必要としない禅宗が盛んになった事もあり、仏像製作において著しい発達を見た鎌倉時代に比べ、多くの仏師たちは職業仏師に徹し、従来の形式を追うのみで新しい様式を生み出すことがなかったとされる。
 しかし禅宗寺院では仏像はなくとも祖師や開山の像がまつられており、これら肖像彫刻は、個性的な写実表現と禅宗的人格表現を基調とした新しい感覚のものであった。
 また実際には、戦火に見舞われながら仏像が造られ続ける中で、合理性が追求された箱型寄木造りが採用されたり、接着用の膠(にかわ)が多用されたりするなど技法上の改革もあった。
 一方、観阿弥、世阿弥によって大成された能から、仮面彫刻としての能面が生まれている。
 室町彫刻は、仏像彫刻に代わり肖像彫刻が主流となっていった時代の彫刻である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/15


紙本著色即非画像 Shihontyakusyoku-sokuhi-gazou 

Jp

 福岡県指定有形文化財となっている「紙本著色即非画像(しほんちゃくしょくそくひがぞう)」は、北九州市の福聚寺(ふくじゅじ)にあったものである。
 即非とは、京都万福寺を開いた明僧・隠元が、明より招き寄せた黄檗(おうばく)僧である。長崎の崇福寺に入り、書に優れた僧として名高く、隠元、木庵と並んで黄檗の三筆「隠・木・即」と呼ばれていた。
 寛文三(1663)年、初代小倉藩主・小笠原忠真(おがさわらただざね)に請われ、寛文五(1665)年に福聚寺を開いた。
 紙本著色即非画像は、寛文一一(1671)年に描かれた大幅と、寛文八(1668)年につくられた小幅の二幅からなる。
 この作品は、画家の喜多元規(きたげんき)の中期の作品である。もっとも有名な黄檗肖像画家で、顔の痘痕(あばた)や髪の毛の一本一本まで詳細に描き込まれ、写実性の高い内容となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/3/7


崋山神社 Kazan-jinja Kazan Shrine

Jp En

 愛知県田原市にある崋山神社(かざんじんじゃ)は、田原藩家老であった渡辺崋山の遺徳をしのび、田原城の出丸跡に建てられた。
 崋山没後百年を期に崋山神社建設の話が出たが、第二次世界大戦中だったため建設は実行できなかった。昭和二一(1946)年、静岡県引佐町井伊ノ谷宮の仮殿を譲ってもらい、出丸跡に建てたのが始まり。現在の建物は昭和三四(1959)年、伊勢湾台風による崩壊のあと再築された。
 学者・画家・政治家として活躍した渡辺崋山は寛政五(1793)年、江戸の田原藩上屋敷で生まれた。八歳の時、若君のお相手として出仕し、一三歳の頃から朱子学や、陽明学を極めたことから、学芸向上にご利益があると言われている。
 毎年、渡辺崋山の命日となる一〇月一一日に大祭が開催される。同じ田原市にある城宝寺で崋山の墓前に参拝したのち、崋山神社で神事が行われる。
 また、この神社の絵馬には、渡辺崋山の肖像が描かれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/7


函館市旧イギリス領事館 Hakodate-shi-kyuu-igirisu-ryoujikan 

Jp

 函館市旧イギリス領事館は、北海道の函館市にある洋館。白亜の壁と窓額縁がシックなビクトリア調の建物だ。
 函館では、初め称名寺を仮領事館としていたが、文久三(1863)年に元町のハリストス正教会の隣に領事館を新築し、数回にわたる焼失の後にこの地に再建した。現在の建物は、大正二(1913)年、イギリス政府工務省上海工事局の設計により竣工したものである。昭和九年まで領事館として実際に使用されていた。
 建物の内部では、函館港の開港当時の様子を映像やミニチュアモデルなどで展示。ビクトリア女王の肖像画や家具など、外国公館の雰囲気を再現している。館内には英国風ティールームもあり、薫り高い紅茶やスコーンなどで優雅なティータイムを楽しめる。
 昭和五四年には函館市の有形文化財として指定された。
 
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/5/1


寺田屋 Teradaya 

Jp

 京都伏見の旅籠(はたご)、寺田屋。
 伏見は京と大坂を結ぶ要所であり、西国の大名や武士たちは、船で大坂に着き、淀川を三十石船で伏見まで辿ったのち京や江戸へ向かうのが一般的なルートであった。ここ寺田屋は伏見の薩摩藩邸にも近く、薩摩藩の下級藩士の定宿の旅籠であったが、そんなことから、幕末維新の「寺田屋事件」や「坂本龍馬襲撃事件」の舞台となったのである。
 明治以降の戦禍もくぐりぬけ、いまも当時の建物の姿を残し、旅籠として宿泊もできる。
 表には「寺田屋」と書かれた提灯がさがり、坂本竜馬が気に入っていた部屋は「坂本龍馬の部屋」として公開され、龍馬が所有の鉄砲や刀、そして肖像画が展示されている。もちろん、襲撃事件の折に付いた「刀傷」や龍馬が撃った「弾痕の跡」なども柱に残っている。
 京都の時間感覚はスパンが長い。ここでは、明治維新もついこないだのようである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/16


備後安国寺 Bingo-ankoku-ji Bingo Ankokuji Temple

Jp En

 文永年間(1270年代)に愚谷和尚(ぐこくおしょう)が「金宝寺」と称して創建したとされる。南北朝時代に足利尊氏により安国寺と改称された。
 釈迦堂と堂内の木造本阿弥陀三尊像・木造法燈国師坐像などは国の重要文化財。木造本阿弥陀三尊像は鎌倉時代の作。中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩がひとつの大きな船の形をした光背を負う「一光三尊仏」だ。等身大の大きな木造仏で、実に重厚で神々しい見ごたえある像だ。木造法燈国師坐像は確証のある国内最古の頂相(ちんぞう)彫刻(写実的な彫刻)であり、また最古の寿像(存命中に作っておく肖像)として有名。鎌倉時代の建治元(1275)年の造立で、法燈国師69歳のときの作だ。
 そのほか備後安国寺は、4月には境内の桜が満開になり、春の色彩で参詣者たちの目を楽しませている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/31


唐招提寺(世界遺産) Toshodai-ji Toshodaiji Temple

Jp En

 奈良県にある律宗の総本山。開基は唐僧、鑑真。
 鑑真は聖武天皇からの招請を受け、五度の渡航の失敗、失明などの苦労を超え、十二年をかけてついに来日を果たした。
 東大寺で五年をすごした後、天平宝字三(759)年に新田部親王(にいたべのしんのう)の旧宅地を授けられ、戒律を学ぶ為の道場として唐招提寺を建立した。
 日本最古の肖像彫刻である国宝、御影堂の鑑真和上像には往時の姿が刻まれている。
 境内には天平金堂の唯一の遺構である金堂や、平城宮の遺構である講堂などの貴重な仏教建築物が立ち並ぶ。1989年には「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産に登録されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数7件: 1~7 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter