NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/16

羽子板 羽 Hagoita Hane Hagoita and Hane (Paddle and Shuttle)

Jp En


 羽子板の起源は、中国とされ、室町時代の頃に伝えられたとされる。はじめの頃は、羽根突きの道具として用いられていたが、次第に厄払いのものとして使われる様になり、さらに魔除けとしてお正月に女性にあげる習慣も出来た。江戸時代に入ると、歌舞伎役者などを模った押絵羽子板が流行り、現代では東京の伝統工芸品に指定されている。
 江戸の頃から、12月17日からの3日間に、浅草寺で開催されている「羽子板市」は、毎年大勢の客が訪れる事で有名である。ここで売られる押絵羽子板の産地としては、埼玉県春日部市、さいたま市岩槻区が有名。また、羽子板市では、その年に話題となった人物を素材にした「変わり羽子板」も、出展されメディアでも良く取り上げられる。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
羽子板 羽




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter