NIPPON Kichi - 日本吉

2008/10/1

戸塚宿 Totsukajuku 

Jp


 戸塚宿(とつかじゅく)は、東海道五十三次の宿場のひとつ。現在の神奈川県横浜市戸塚区(旧吉田・矢部・戸塚村)にあった。
 日本橋から数えて5番目の宿で、日本橋を午前4時に出発した旅人が東海道を歩き、初日に泊る宿場が戸塚宿であったそうだ。日本橋から40kmの距離になるので江戸時代の旅人はずいぶん健脚だったことになる。
 戸塚宿は江戸寄りの「権太坂」と京都寄りの「大坂」の難所に挟まれていたため、休憩、宿泊客で大きな賑わいをみせていた。また戸塚宿は大山道・鎌倉往還との分岐点でもあり、大山参拝客や鎌倉の古寺を訪ねる人々にも高い人気があったという。
 戸塚宿跡地の現戸塚には、「お軽勘平道行」の碑や芭蕉句碑など、東海道五十三次の名残を残す歴史的な史跡もところどころ残る。遠い昔に思いを馳せて歴史散歩を楽しむ人々も多い。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
神奈川県横浜市戸塚区
名前
戸塚宿




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter