NIPPON Kichi - 日本吉

2008/3/10

真鶴(マナヅル) Manazuru 

Jp


 ツル目ツル科タンチョウ属に属する真鶴(まなづる)は、中国やシベリア、モンゴルなどから日本に越冬のために群れを成して渡来する鳥で、野生のものは絶滅の恐れがあるという。
 真鶴はツル類の中では大型の鳥で、頭部は白く体は濃い灰色で、目の周囲と額が赤く皮膚が露出しているのが特徴である。真鶴の名は、鶴らしい姿から由来しているという説がある。食べ物は種子、昆虫、魚、穀物など、雑食性である。
 鹿児島県出水平野は、世界でも最大規模を誇る真鶴の一大越冬地として知られており、国の天然記念物にも指定されている。
 種の保存のため、世界中の動物園が協力して飼育し、繁殖計画が立てられ、国際血統登録も行われているという。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
真鶴




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter