NIPPON Kichi - 日本吉

2008/3/10

百舌(モズ) Mozu 

Jp


 百舌(もず)はスズメ目モズ科に属する鳥で、全体的に茶色い、雀よりやや大きい鳥である。
 ホオジロやシジュウカラ、ヒバリ、メジロ、カワラヒワなど、さまざまな鳥の声が百舌の求愛の唄声に混じるという。この複雑な鳴き真似から、漢字の「百舌鳥」という漢字があてられたという説がある。
 単独行動をする鳥で、縄張り意識が強く、猛禽類のように鋭いくちばしと脚の爪で、昆虫や蛙など捕らえた獲物を木の枝先に突き刺す習性を持つ。これは百舌の速贄(もずのはやにえ)と呼ばれ、秋に多く見られる百舌の特徴的な習性である。後で食べることもあれば、食べないで放置する場合もあり、この習性については詳しくはわかっていない。
 鳥は切手のデザインにも多く使われており、百舌は一二〇円切手のモチーフになっている。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
百舌




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter