NIPPON Kichi - 日本吉

2008/3/10

雀(スズメ) Suzume 

Jp


 「雀(スズメ)」は、スズメ目ハタオリドリ科に属し、全国のいたるところに生息している鳥である。鳥の中では最も身近な存在であることから、昔から日本画の題材としても親しまれている。
 全長は15センチメートルほどで、口ばしの色は夏は黒色で、冬は基部が淡黄色になる。頬にある大きな黒い斑点も雀の大きな特徴である。
 山の中には住まず、公園や人家のあるところを中心に人間と共生している。
 人間の生活に密接に関係し、人間が住み始めた集落には雀もやってきて、逆に人間が離れ集落が無人になると雀も見られなくなるという習性である。人間の近くでしか生きられない割には、人間とは一定の距離を置いていて、決して近くには寄せ付けない。
 雀は雑食性で、稲などの植物の種子や虫を食べる。都会に生息する雀については、桜の花をはじめ、パン屑、菓子屑、生ゴミなど何でも餌にする。この雑食性が、都会で強く生き抜く理由であろう。

この記事をお気に入りに、追加します

名前




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter