NIPPON Kichi - 日本吉

2008/1/22

群青色(グンジョウイロ) Gunjou-iro Gunjyou Color

Jp En


 青の集まりという意味を持つ群青色(ぐんじょういろ)は、中国から入った顔料の名に由来しており、青色や紺色とは違ってやや紫味を含んでいる。紺青(こんじょう)とも呼ばれる深く濃い青色のことである。
 天然の群青で最上のものは「瑠璃(るり)」から作られたと言われる。瑠璃は英名をラピス・ラズリといい、当時はとても稀少な鉱石であったという。瑠璃以外では藍銅鉱のアズライト粉末が原料に使われている。
 群青色は日本画の鮮やかな青色を表すためには欠かせない色とされており、桃山時代の豪華な障壁画などにも多く見られる。また、江戸時代の屏風絵や反物などにもその濃厚な青色が惜しみなく使われている。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
群青色




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter