NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/19

阿弥陀ケ滝 Amidaga-taki 

Jp


 阿弥陀ケ滝(あみだがたき)は岐阜県郡上郡白鳥町、長良川の上流に位置している。落差は約六〇メートル。豊富な水流が真っ直ぐに滝つぼへと落ちていき轟音をとどろかせる。
 この滝の由来については、天文元(1532)年、白山中宮長滝寺の僧、道雅法師という僧がここで修行し護摩をたくと、阿弥陀如来の姿が浮かび上がったところから、阿弥陀ケ滝と名づけられたといわれている。
 現在も滝つぼ近くではみそぎなどの滝行が行われている。
 国重要無形民俗文化財である郡上おどりでも、この滝の雄大な様子を「見たか聞いたか阿弥陀ヶ滝を 滝の高さとあの音を」と歌の一説としている。
 阿弥陀ケ滝周辺は自然が深く、森林浴や散策に訪れる観光客も多い。滝壷の近くまで遊歩道が整備されており、水しぶきをあげる阿弥陀ケ滝の勇姿を間近に楽しむ事ができる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
501-5101 岐阜県郡上市白鳥町前谷
名前
阿弥陀ケ滝
電話
0575-82-5900




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter