NIPPON Kichi - 日本吉

2008/9/4

天神祭 Tenjin-matsuri Tenjin Festival

Jp En


 天神祭(てんじんまつり)は、大阪市北区の大阪天満宮の祭りで、日本三大祭の一つ。大阪天満宮は天暦三(949)年に村上天皇の勅命により建立され1千年以上の歴史を持つ。祭神は菅原道真。
 鎮座の翌々年、天暦五(951)年に社頭の浜から神鉾を流し、流れついた浜に斎場を設けて禊(みそぎ)を行なった時、神領民が船を仕立てて奉迎したのが祭の始まりとなった。以来、毎年七月二四、二五日に行われている。
 宵宮では「鉾流神事」の無事を願う宵宮祭が行われ、続いて鉾流橋の水上より龍笛の音とともに鉾を流す鉾流神事が行われる。かつては鉾の流れ着いたところが「御旅所」と定められた。
 翌日の本宮では、午後から天神さまの御霊が御鳳輦(ごほうれん)に移され、船渡御の乗船場まで天満宮から約4kmを約3000人で渡御をする。その後、御鳳輦は奉安船に乗り移り、100隻もの供奉船らに守られながら、奉納花火が打ち上げられる中、大川を渡御する。
 天神祭は、水都大阪の大川を華麗に彩る大祭である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
名前
大阪天満宮
電話
06-6353-0025
HP
http://www.tenjinsan.com/tjm.html




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter