NIPPON Kichi - 日本吉

記事数5件: 1~5 件表示          

2007/10/1


野田雨乞笠おどり Noda-amagoi-kasa-odori Amagoi Kasa-odori Dance in Noda

Jp En

 野田雨乞笠おどり(のだあまごいかさおどり)は、愛知県刈谷市の野田八幡宮で毎年八月下旬に開催される、雨乞いを今に伝える行事である。
 神前にお神酒とお灯明を供え、踊りを奉納する。
 雨乞い唄と采配が始まると、踊り手は太鼓を内に向かい合い、両手に桐の木で作った「つろろ」と呼ばれる短いバチを持って踊りだす。またホラ貝の音色に合わせて、踊り手が空を仰ぎ見る所作もある。
 踊り手は浴衣をたくし上げた姿で、赤いたすき、つばの広い一文字笠の姿をし、凛とした姿で舞う。
 正徳二(1712)年から三百年近くの間引き継がれており、昭和初期に一旦打ち切られたものの、現在は保存会の手で伝承を守っている。市指定無形民俗文化財に指定されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/10


大湯大太鼓まつり Ooyu-oodaiko-matsuri 

Jp

 大湯大太鼓は秋田県鹿角市に伝わる太鼓であり、毎年8月「大湯大太鼓まつり」で演奏される。
 秋田県無形民俗文化財に指定されている。
 戦国時代末期、秋田安東氏と南部氏の戦の中、鹿倉城主、大湯四郎左エ衛門は自ら先陣に立ち、太鼓や法螺貝を打ち鳴らして士気を高め、南部氏の危機を救ったのが元とも、また近隣の人々が兵の労苦をねぎらう為に笛や太鼓で迎えたのが由来ともされる。
 四人一組となり、直径1・2メートル、重さ50キロの大太鼓を独特のリズムで打ち鳴らす勇壮な演奏であり、当日は大圓寺で供養太鼓の演奏の後、各地で豪快な音を響かせる、鹿角の夏の祭事である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/31


木幡の幡まつり Kohata-no-hatamatsuri Hatamatsuri (Banner Festival) at Kihata

Jp En

 木幡の幡まつりは、福島県二本松市にて行われる祭りである。
 前九年の役(1051〜1062)の際に源頼義・義家親子が安倍氏に敗れ逃れてきて、わずか数騎で木幡山に立て籠もり、戦勝を祈願した。
 ところが、一夜にして全山が雪で白くなり、追ってきた安倍貞任の軍にはそれが白旗に見え、戦わずして敗走したため、義家親子は陸奥国を鎮定することができたという故事による。
 900年の伝統を持つ日本三大幡祭りのひとつといわれ、白旗を先頭に赤青黄、色とりどりの五反旗が勢揃いし、ホラ貝を吹き鳴らしつつ木幡山の尾根を縦走する。
 吹きつける寒風になびき山嶺を進む様子は、素朴な中にも豪快な偉観を呈し、見る者を驚嘆させる。
 木幡の幡まつりは、豪壮にして雄大、見るものに活力を与える祭りである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/17


倶利伽羅峠 源平供養塔 Kurikaratohge Genpeikuyohtoh Kurikara Pass Genpei Memorial

Jp En

 倶利伽羅峠は、富山県と石川県の県境にある峠。かの有名な源平合戦があり、「火牛の計」の作戦により平家が敗れたところである。源平砺波山合戦にまつわる史跡が多い倶利伽羅峠古戦場。源平供養塔もその史跡のひとつだ。
 寿永二(1183)年、源平合戦の際、源氏の軍勢は太鼓、ほら貝を用いて一斉にときの声を上げ、角に松明を付けられ猛り狂う五百頭の牛を平家軍に放った。京都からの長途の行軍に疲れまどろんでいた平家軍は、暗闇の中を慌てふためき、武具も整えられず右往左往するばかり。将兵は軍馬もろとも地獄谷へ駆けこみ落ちたという。これが後に「火牛の計」と名づけられ、源平盛衰記にも記されている。
 源平供養塔は、「倶利伽羅公園」から小矢部市側に歩いて数分の猿ケ馬場にある。側には八重桜があり、見ごろの5月には、あまたの魂をなぐさめるように辺りを淡い桜色に染め上げるという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/11


大窪寺 Ookubo-ji Ookubo Temple

Jp En

 香川県さぬき市にある四国八十八ヶ所(お遍路)の八十八番目のお寺。
 四国霊場八十八ヶ所は弘法大師空海が自らの修行の場、さらに大衆の災難を取り除くために開いた霊場である。「八十八」は人間の煩悩の数と言われ、お遍路さんが八十八ヶ所を巡ることにより、すべての煩悩を消し去り、願いを叶えることができるとされている。
 八十八番目、「結願所」とされるこの寺は、本尊の薬師如来が安置されている。本来、像の右手には「薬のつぼ」を持っているが、ここの像は「ほら貝」を持ったものである。
 人々の苦しみや悩みを吹き払うためといわれている。
 本堂奥にはきらびやかな二重多宝塔がある。またその奥には、空海が修行した岩窟も残っている。
 お遍路さんは、この寺で結願を済ませると、無事お役目を果たした証として杖、菅笠をこの寺に奉納する。その数は数え切れない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数5件: 1~5 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter