NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2007/2/23


大川総桐タンス Ookawa-soukiri-tansu Okawa Paulownia Chest

Jp En

 大川総桐タンスは、福岡県大川市にて作られる伝統家具である。
 大川市は、発祥から470年余りの歴史を誇る、日本一の家具生産地である。
 筑後川の下流である大川は、木材の集積地であった。室町時代、榎津久米之介が船大工の技術を生かして指物を始め、江戸後期には田ノ上嘉作が唐やオランダの技術を学び、大川家具の礎を築いた。
 総桐タンスは、木目の美しさ、防湿性のよさ、水をかけると燃えにくいなどの特性をもつ。
 更に大川産の桐タンスは、内部が泥棒よけのからくり仕掛けになっており、金具などにも独特の工夫を施している。
 桐板の中でも最上の柾目板を使ったこのタンスは、堅牢でどっしりした重量感が持ち味である。
 大川総桐タンスは、高級感あふれる伝統の逸品である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter