NIPPON Kichi - 日本吉

記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  

2007/10/17


昴 Subaru Subaru

Jp En

 青白く美しく光る高温の星の集団、プレアデス星団を日本では昴(すばる)とも呼んでいる。
 元々は一つに集まっているという意味の「すまる」が変化して「統ばる(すばる)」になったと伝わる。そして、その後中国での呼び名「昴宿」から「昴」を当てたとされる。
 日本で昴について書かれた最古の記録は、平安時代中期に醍醐天皇皇女勤子(きんし)内親王が、源順(みなもとのしたごう)に作らせた辞書「倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」だと考えられている。この中での昴は「須八流」と記されているという。
 清少納言の「枕草子」二五四段には「星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星、すこしをかし。尾だになからましかば、まいて。」と書かれており、枕草子の中でも最も美しく叙述されているといわれている。
 星を美しいと感じる人の心は今も太古の頃も変わらない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/11


青麻神社 Aoso-jinja Aoso Shrine

Jp En

 青麻神社(あおそじんじゃ)は、全国の青麻神社の総本社で、太陽・月・星を一緒に祀っており、名水の名所としても知られる。
 仁寿二(852)年に、現社家の遠祖・穂積保昌が京都からこの地に来て、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、月読神(つくよみのかみ)の日月星の三光神を清水湧く岩窟の中に奉祀したのが始まりとされている。あわせて里人に麻の栽培を教えたといわれ、これが神社や地名の由来となっている。
 この神社は昔から中風病退除のご利益で知られ、また創健者である穂積一族が水運に携わっていたことから海上安全の神として崇められており「三度詣でれば生涯中風の難よりのがれる」と伝えられている。
 現在境内には名水「おすず」が湧き出ており、清らかな水を求めて多くの参詣者が訪れる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/24


流星の滝 Ryuusei-no-taki 

Jp

 旭川市内から国道39号線を北見方面に向かい、大雪山国立公園層雲峡渓谷にある滝が流星の滝(りゅうせいのたき)である。
 流星の滝は、90mの落差から垂直に力強く流れ落ち、石狩川へと流れ込む。その勇壮な迫力ある姿から雄滝とも呼ばれる。その雄滝に対して、雌滝と呼ばれる銀河の滝が、流星の滝の左手に見える。
 銀河の滝は落差120mの高さから、層雲峡の柱状節理の岩肌に沿い、水が白糸のように覆いながら流れ落ちてくる。ふたつの滝をあわせて、日本の滝百選に選ばれている。北海道では他に5ヵ所の滝が選ばれている。
 最初、目にする遊歩道からの眺めも迫力があり素晴らしいが、少し登ったところにある双瀑台からふたつの滝を同時に眺めると、層雲峡の自然を身近に感じながら、より見事な滝の姿に出会う事ができる。
 流星・銀河の滝ともに、冬には結氷し姿を変えるが、新緑の頃、紅葉の頃、いつ訪れても見事な姿を楽しませてくれる滝である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/26


松前藩戸切地陣屋跡 Matsumae-han-hekirichi-jinya-ato 

Jp

 松前藩戸切地(へきりち)陣屋跡は、江戸時代に蝦夷地の防衛を強化する目的で、幕府が安政二(1855)年に松前藩に命じて作らせた陣屋の跡地である。北海道北斗市に所在する。
 この陣屋は、四陵の星型をしており、東側の一陵に砲台六門を擁していた。明治元(1868)年には函館戦争の旧幕府軍の攻撃に遭い、松前藩兵の手により自焼、放棄されている。その後昭和五四年から国や道の保護を受けて環境保護を行い、平成十三年に再建。現在では市民の憩いの場として親しまれている。
 陣屋に続く長い道路には桜が植えられており、春の満開時には桜のトンネルとしてたくさんの人々の目を楽しませている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/18


能面 三光尉 Noumen Sankoujou Noh Mask Sanko-jo

Jp En

 能で使う面の一つ。老人を表現する際に使う。
 室町末期頃に、越前平泉寺の僧であった三光坊が創作したことが名前の由来とされる。また、日神、月神、星神の3つの光によって作られたという説もある。
 おでこや頬にしわがたくさんあるため庶民的な顔立ちだが、威張った雰囲気も持ち合わせている。
 山賤、木こり、塩汲、漁夫等の役に利用することが多い。
 屋島(やしま)では主人公の因縁話として演じる前シテとして、漁夫などの庶民的な役に使われる。
 他にも、融(とおる)、兼平(かねひら)、国栖(くず)、野守(のもり)、鵜飼(うかい)、阿漕(あこぎ)等の曲目に使われる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/20


星渓園 Seikeien 

Jp

 星渓園(せいけいえん)は、埼玉県熊谷市鎌倉町にある回遊式庭園である。
 元和9(1623)年、荒川の洪水によって、この地より西方にあった土手(北条堤)が切れて池が生じ、その池は清らかな水が湧き出るので「玉の池」と呼ばれ、この湧き水が星川の源となった。
 星渓園は、竹井澹如によって慶応年間〜明治初年にかけて造られた。澹如はここに別邸を設け、玉の池を中心に竹木を植え、名石を集めて庭園とした。
 昭和25(1950)年、庭園を熊谷市が譲り受け、翌年市の名勝に指定された。
 3600平方mの敷地内に星渓寮松風庵などの建物や、玉の池、そして100数十種の植物を配する美しい庭園である。
 星渓園は、静かな雰囲気の中で、優雅で格調高い日本文化の教養を身につけられる場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/3


熊谷染 Kumagaya-zome 

Jp

 熊谷染は型紙を使い(または手描きで)美しい模様を染め出す模様染の一種で、美しい色を使って、自由模様を染め出す友禅染と同種類である。
 もともと熊谷の染色の歴史は古く、藍染めが盛んだった中世までさかのぼるといわれ、安政年間(1854〜1860年)のころには細かな紋様が特徴の江戸小紋の技法が取り入れられ、大正期には「友禅染」の技法を取り入れるなど、創意工夫が重ねられて、洗練されていった。
 水が豊富にわき出す星川を中心に染色業者が多く、かつては友禅流しの風景が見られた。
 今では川で布をさらすことはなくなったが、その卓越した職人の技は、大切に受け継がれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/19


七夕 Tanabata Tanabata

Jp En

 7月7日に行なわれる星祭、五節句の七夕(しちせき)にあたる。
 中国の針仕事や芸の上達を祈る「乞巧奠(きつこうでん)」が元とされ、これに一年に一度だけ会うことを許された織女星と牽牛星の伝説や、水辺で神のために衣を織る「棚機津女(たなばたつめ)」の日本の伝説が混ざり、宮中の行事となったと言われる。
 江戸時代に民間に広まり、竹に短冊を飾り、願い事を奉げる現在の形が生まれた。暦が改まった後も旧暦の7月7日の行事として行なわれる地方も多い。
 日本各地にお祭が残り、中でも宮城県仙台の「仙台七夕」や神奈川県平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり」は大規模な七夕祭として人気が高い。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter