NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2008/1/15


一之宮 貫前神社 Ichinomiya Nukisaki-jinja 

Jp

 上野國一之宮。延喜式神名帳では名神大社に列する。
 一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ)の開基については諸説あるが、安閑天皇の元(531)年頃と言われ、一般に多胡碑(たごひ)などで知られる甘良(甘楽)の谷の帰化人集団が祀ったのが始まりと見られている。
 赤城神社から一之宮の称号を譲られたと言われ、渡来系氏族による古代上毛野國征服を表すとも伝えられる。
 もとは貫前神と抜鉾神(ぬきほこのかみ)の二社二神であったが、両社が一社と混同されるようになったので明治に入り貫前神社と名乗り、戦後の社格廃止に伴い一宮貫前神社と改称したと言われる。
 参道を上り正面の鳥居をくぐって急な石段を下ったところに社殿が有る、という特異な構えが特徴で、勅額鳥居の東隣等に神宮寺跡の石垣が残る。社域は約九万平米。総門から見下ろす朱塗りの社殿と社叢の調和には息を飲む。
 寛永一二(1635)年に徳川幕府によって造営された、本殿、拝殿、楼門は重要文化財に指定されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/23


谷中霊園 Yanaka-reien 

Jp

 谷中霊園(やなかれいえん)は、東京都台東区谷中にある約10万平方mの都立霊園である。旧称を谷中墓地といい、東京の三大霊園の一つとされる。
 明治七(1874)年、谷中天王寺と寛永寺の敷地を東京市が引き継ぎ、谷中墓地として開設した。
 園内には、長谷川一夫、横山大観、徳川慶喜、鳩山一郎など、多くの著名人が眠り、幸田露伴(こうだろはん)の小説で有名な谷中天王寺の五重塔跡も存在する。 五重塔跡付近には、駐在所と児童公園がある。
 霊園の中央を通る通称「さくら通り」は、春にはまるで桜のトンネルのようにもなる、桜の名所としても知られている。
 周辺は昔ながらの下町の面影を残した地域であり、多くの人が霊園やその周辺の散策に訪れる。
 谷中霊園は、多くの著名人が眠る、7000基以上の墓が建っている霊園である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/17


上野東照宮 Ueno-toushouguu Ueno Toshogu Shrine

Jp En

 上野東照宮は、東京都台東区の上野公園内にある神社である。祭神は、徳川家康、徳川吉宗、徳川慶喜とされる。
 元和二(1616)年、危篤の家康は、自分の魂が末永く鎮まる所を作ってほしいと、藤堂高虎と天海に遺言したとされる。
 寛永四(1627)年、上野東照宮は、遺言に従い藤堂高虎が上野の自分の敷地内に創建した。現在の社殿は、慶安四(1651)年に家光が改築したものである。
 入口には石造りの明神大鳥居、参道両側には諸国大名から寄進された200基の石灯篭、48基の青銅製灯篭が並んでいる。
 本殿、拝殿、唐門など重要文化財も多く、弊殿には家康ゆかりの品も主事している。また、併設の牡丹園では、冬ボタンと春ボタンの両方を見ることができる。
 上野東照宮は、静かさの中に歴史を感じさせる場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter