NIPPON Kichi - 日本吉

2007/12/26

神主 Kannushi 

Jp


 「神主(かんぬし)」は神社において神に仕える神職の長を指し、祭儀や社務を行う責任者である。
 現在は神職と同じ意味で用いられ、職階は「宮司(ぐうじ、みやづかさ)」「権宮司(ごんぐうじ)」「禰宜(ねぎ)」「権禰宜(ごんねぎ)」「宮掌(くじょう)」「出仕(しゅっし)」とある。祭儀や社務を行う神職に当たるのは「権禰宜」以上の者で、「宮掌」や「出仕」は含まれない。
 また、伊勢神宮においては特別で、「祭主(さいしゅ)」「大宮司(だいぐうじ、おおみやづかさ)」「少宮司(しょうぐうじ)」「禰宜」「権禰宜」「宮掌」が置かれている。装束は六等級の身分によって決められており、衣の色で分けられている。
 戦前は男性に限られていた神職も、 戦後は女性も資格を得ればなれる様になった。古くは「かむぬし」や「こうぬし」「しんしゅ」と呼ばれていたが、いずれも祭りを司る祭主や神社における司祭者を意味していた。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
神主




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter