NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/11/22


文様 分銅繋ぎ(フンドウツナギ) Monyou Fundou-tsunagi 

Jp

 分銅繋ぎ(ふんどうつなぎ)とは、天秤秤の片側の皿に載せて使う、銅製のオモリである分銅の文様を連ねた和文様である。
 和文様とは、平安時代以来、公家の服装・調度品や装飾に用いられた形、色、構成などに独自の優美な様式を持つ図柄の総称である。
 分銅というのは、宝尽しの文様にも含まれる縁起物とされている。
 昔の分銅の形は円形で、左右が弧状にくびれた形のそのバランスが美しいことからも文様や家紋に好まれ、分銅の形をかたどった色々な器物なども作られた。
 波線が交差してできあがる幾何学模様で、実際に分銅を並べて書き写した文様というよりは、波線の交差した幾何学模様に分銅の形を見い出したものといえる。
 文様・分銅繋ぎは、吉祥文様として家紋に好まれて使用された、伝統的な和文様である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/12


東京染小紋 Toukyousomekomon Tokyo Dyed Komon

Jp En

東京染小紋は、東京にて染められた微妙な幾何学模様の、粋で格調高い染物である。
 江戸で広く小紋が染められるようになったのは、江戸時代になってからである。
 初めは武士だけの裃小紋だったが、江戸時代中期には町人文化の自由で粋な感覚を受け、庶民の間でも親しまれ、発展した。
 小紋とは、型染の文様の種類で、細かい模様染めの事である。旗指物や天幕等の「大紋」、浴衣や手拭い等の「中紋」がある。
 小紋染めの着物は遠目には柄が無いように見えるが、近くで見ると微細な幾何学模様である。その模様は裃の柄から鮫柄行儀や通しという代表的な風格と気品に溢れる柄や、身の周りの道具、文字づくし、動物など多彩である。
1974年、経済産業大臣から伝統的工芸品として指定された。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter