NIPPON Kichi - 日本吉

記事数29件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/7/15


帆布 Hanpu 

Jp

 「帆布(はんぷ)」とは、その名の通り帆船の帆に使われる丈夫な綿布のことである。
 綿100%でつくられている平織りの厚い生地は、酒屋のまえかけなどに古くから使用されている。
 綿花が本格的に日本に到来したのは室町時代のことで、最初に確認された帆布は、織田信長の帆船だといわれている。
 明治に入ると、帆布は鉄道貨物のシート、テントといったものから、職人がお酒や醤油つくりの際に用いる腰布や、職人が持つ道具袋、牛乳配達袋、学生の鞄など、あらゆる用途に用いられた。生地の丈夫さを活かし、産業生活資材として様々な商品が大量に生産された。
 代表的な産地として知られているのが、岡山県倉敷市である。時代の流れと共に需要は減少したが、今でも倉敷は数少ない帆布の産地として、国産帆布の約7割を生産している。
 現在では産業資材としてトラックの幌、コンベアベルトの基布などがつくられ、生活関連品ではトートバックや拳法着、エプロン、シューズなどがつくられている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




唐棧織 Touzan-ori 

Jp

 唐棧織(とうざんおり)とは、細い木綿糸を用いて独特の縦縞を織り出した布で、千葉県指定伝統的工芸品である。
 原産地はインドのサントメ地方とされ、日本には一六世紀末、安土桃山時代にもたらされたといわれている。
 ヤマモモやビンロウジュ、ハンノミなどの植物染料を用いることに特色を持ち、染料作りから原糸染め、織りに至る全工程のほとんどが一人で行われる。
 細い糸でかたく織られているために麻状の外観に絹のつやと風合いをまとい、細かい縞柄は江戸庶民好みの渋く、粋な美しさを表しているとして江戸時代半ばから末期にかけて大流行したという。
 特に、贅沢を戒めた天保の改革で絹織物の着用が禁止されたため、その絹に代わる織物として、好まれたといわれている。
 染料の調合には、材料を混ぜ合わせるだけでなく、最終的には味覚で決定されるという独特の技法を持っており、今日に至るまでそれは「秘伝」として脈々と受け継がれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/4/8


日本手ぬぐい夢待草シリーズ 桜もみじ Nihontenugui-yumemachigusasiriizu Sakura-momiji 

Jp

 昔から日本人の手を清潔に保ち、労働で流れた汗をぬぐってきた手ぬぐい。
 昨今ではその名称は西洋風になってしまったが、今も人々の清潔な生活を支えてくれている。
 「日本手ぬぐい夢待草シリーズ 桜もみじ」は、そんな昔からの手ぬぐいに和風モダンを取り入れた一品である。
 90cm×34cmの大きさに、大胆かつ清楚に、美しい桜もみじの柄がちりばめられている。
 その桜もみじも、葉のすべてが色付いたものではなく、まだ少し緑を残している粋な色使いとなっており、淡い赤色と緑が織り成す様は、どこか郷愁めいたものも感じさせてくれる。
 素材は綿100%で乾きやすく、大きさもかさばらないので旅行のお供などちょっとした行楽でも楽しく演出してくれることだろう。
 センスよく配された桜もみじは、ある種のモノグラムのようにも見え、それがレトロとモダンをうまく両立させており、テーブルセンターや額に入れるなど、手ぬぐいの域を超えた、幅広い使い方ができるだろう。
Magic Garden
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します

keywords :


2008/3/19


和柄オーダーメイドスニーカー Wagara-oudameido-sunika 

Jp

 スニーカーは靴底にゴムを使用し、素材の柔らかさや履きやすさが幅広い年齢層に人気の運動靴である。足を覆う部分にキャンバス地を使用している、キャンバススニーカーは汗を吸収しやすく、気軽に水洗いも出来るので、清涼感が人気である。
 今そのキャンバス地の柄を自分で選べる、オーダーメイドスニーカーが人気である。
 和柄が特に人気があり、浮世絵、草木絵柄、古典花絵柄、家紋、青磁など、豊富な種類に驚かされる。自分だけの和柄オーダーメイドスニーカーが特別注文できる。
 模様は時空を超える。時間を潜り抜けてきた模様たちが、アスファルトの上のスニーカーに蘇る。
Magic Garden
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/2/22


堺五月鯉幟 Sakai-gogatsu-koinobori Sakai Gogatsu Koinobori

Jp En

 堺五月鯉幟(さかいごがつこいのぼり)は、その名のとおり大阪の堺市で生まれた、錦布で製作された鯉幟である。
 明治の初期、堺で玩具、文具商を営んでいた商人が、お伊勢参りの帰りに見た名古屋の紙鯉をヒントに、和凧職人に紙鯉を作らせて販売したのがその始まりである。
 明治中期には、紙から現在の素材である錦布になり、また、それに伴う様々な技法も確立されていった。
 鯉の背に、金太郎がまたがったデザインが特徴で、素材は紙から布に変わったものの、昔と変わらぬ伝統の技法で、錦布に一筆一筆手描きされ、丹念に染め上げられている。
 そうした手作りならではのぼかしや色の濃淡、毛先の繊細さ、勢いの良さで今も高い人気を誇る逸品である。
 昭和六一(一九八六)年には大阪府により伝統工芸品に指定され、今も日本全国の空に、優雅に漂う鯉を精力的に送り出している。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/1/17


のれん 淡雪 Noren Awayuki 

Jp

 「暖簾(のれん)」とは、お店の軒先や出入り口に吊るしたり、日除け、風除け、魔よけなどの目的で吊るされる、布製の垂れ幕のことをいう。
 日本独自の伝統・文化として、昔から家々のいたるところに張られ、特に商家にとってはお店の象徴として、のれんは重要な役割を果たしてきた。
 ショップ「羅工房」では、モダンと古典の融合をコンセプトに、のれんや掛軸、タペストリーなどの和雑貨を、ひとつひとつ手作りで提供している。
 職人の仕事のぬくもりや、自然の恵みの素晴らしさなど、作品にこめられた粋と意気といった和の心が感じとれる。
 「淡雪(あわゆき)」とは、春先にうっすらと積もる、消えやすい雪のことをいう。こののれんは、麻の柔らかい素材に、ほのかに雪化粧した椿の花が上品に描かれており、飽きのこない作品となっている。
Magic Garden
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/12/26


角隠し Tsunokakushi 

Jp

 神前や仏前式の結婚式において、文金高島田(ぶんきんたかしまだ)と呼ばれる髷(まげ)を結った髪を飾る帯状の白い布を「角隠し(つのかくし)」という。素材は白絹である事が多い。
 髪の毛の不浄を隠す為とされ、花嫁の恥じらいを包み隠し、神秘性を演出してくれる。
 元々は塵よけや防寒具として使用されていたが、女性が嫁入りする際に怒りを象徴する「角」を隠す事で、従順で淑やかな妻になるという事をあらわしたり、またかつては女性は嫉妬に狂うと鬼になる、と言われたことから、それを防ぐまじないとして結婚式において使われる様になった。
 角隠しは入家を意味する「入」の形に見立て、右端を上にして後ろでまとめている。
 また、「挙式が済むまで新郎以外の人に顔を見せない様に」という意味で、挙式で装う白無垢では綿帽子(わたぼうし)と呼ばれる大きな楕円状の帽子を、色打掛には角隠しを用いる事が多い。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/12/10


草履 Zouri 

Jp

 草履(ぞうり)とは、日本の伝統的な履物の一つである。
 明治時代以降に洋靴が普及するまでは広く使用されていたもので、昭和三〇年代頃までは、下駄や草履を履くのは珍しくなかった。
 草履とは主に竹の皮を表畳に使った履物で、その素材と編み方で価値が変わるとされている。
 現代では「革草履」が主流で、革、布、ビニールなどで覆われた小判型の靴底に同種の表をつけ、鼻緒を据えている。
 草履の大きさはみな同じで、鼻緒をゆるめたり絞めたりして足のサイズに合わせる。男子用は畳表・竹皮が多く、女性用は、表が布・皮・ビニールなど多種で、芯がコルク、裏が皮のものが多い。
 草履の中で竹や畳俵などで作られたものを、雪駄という。
 側面の穴に長い紐を通して足首を巻き、アキレス腱か外側で縛って履くのが草鞋(わらじ)で、長距離移動や日常作業用の履物として普及した。
 草履は、かつては人々に馴染んだ、最も手軽な履物である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数29件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter