NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2008/6/23


焼尻の自然林 Yagisiri-no-shizenrin 

Jp

 焼尻の自然林(やぎしりのしぜんりん)は北海道西部の日本海側に位置し、面積は約43559ヘクタール、一市五町にまたがる広大な暑寒別天売焼尻国定公園(しょかんべつてうりやぎしりこくていこうえん)の中にある。
 焼尻島はミズナラ、イタヤカエデ、ナナカマドなど約50種の深い森に覆われている。島の中央部東側に落葉広葉樹が、谷筋には針葉樹が発達している。
 これらの上層林の下にイチイが高密度に生育しており、一部上層林がなくイチイのみが発達しているオンコの荘と呼ばれるめずらしい地帯もある。
 学術的に貴重で、天然記念物に指定されている。
 この国定公園には天売島の海鳥繁殖地もあり、こちらも天然記念物となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/12


八甲田山 Hakkouda-san 

Jp

 八甲田山(はっこうださん)は、青森県の中央部、奥羽山脈の北にある北八甲田連峰と南八甲田連峰の総称である。那須火山帯に属し、最高峰は北八甲田連峰にある高さ1584メートルの八甲大岳で、日本百名山のひとつに数えられる。
 八甲田連峰はどれも美しい円すい型で、ゆるやかな袖を伸ばしている。多くの川が流れ込んでおり、奥入瀬川(おいらせがわ)や七戸川(しちのへがわ)が東へ、荒川(あらかわ)や駒込川(こまごめがわ)が北へ、そして浅瀬石川(あせいしがわ)が西へ流れている。
 山麓から中腹まではブナ林になっており、中腹から上は針葉樹であるアオモリトドマツなどが広がる。いたるところに湿原ががあり、湿原植物が多くみられるのも特徴である。また、冬の八甲田の樹氷は規模が大きく、1月から3月にかけて樹氷の間を滑りぬける山岳スキーは、日本一の美しさを誇るといわれる。
 田茂萢岳(たもやちだけ)には八甲田山ロープウェーがかかり、山麓駅から山頂駅まで、約650メートルを10分程で結んでいる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/26


キサギ淵 Kisagi-futi Kisagi Basin

Jp En

 キサギ淵(きさぎふち)は、大分県日田市上津江町の笹野渓谷にある、不思議な造形を持つ浅瀬である。
 川原川の中流に架かる官谷橋付近一帯の渓谷は、星原層の奇岩・巨岩が流れを変え見事な渓谷美を造りだしている。
 幅20mの自然の造景が、なんとも言えない神秘的な美しさをたたえ、季節と共に色を変えるそのさまは小気味よいほどである。
 クリ、ミズキ、ソヨゴ、アゼビをはじめとする多彩な広葉樹、針葉樹がキサギ淵をおおい、その姿は、まるで植物の見本園ともいえるほど壮観である。
 秋は、特に河岸の赤い紅葉が陽の光に映え、キサギ淵全体の彩りが一段と増す。
 キサギ淵は、訪れるものに自然の調和と神秘を教えてくれる素敵な場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter