NIPPON Kichi - 日本吉

記事数25件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/6/30


二俣城 Futamata-jou 

Jp

 二俣城(ふたまたじょう)は、静岡県天竜市街地の北側、標高約一〇〇メートルのところにあり、天龍川と二俣川に囲まれ切り立ったところに立っている。徳川軍と武田軍による攻防の舞台となった城として知られている。
 文亀三(1503)年、二俣昌長(ふたまたまさなが)が築城したとされる。
 天正七(1579)年九月一五日、徳川家康の嫡男である松平三郎信康が城中で自刃したという悲話が残されている。この際、介錯に使われた刀が千子村正(せんごむらまさ)であった。村正とは、室町時代の刀工で、伊勢国桑名の住人。「妖刀村正」と呼ばれ、数々の伝説を残した名匠で、信康の自刃のほか、徳川家康の祖父・清康が殺害され、さらに関が原の戦いで家康自身も手に傷を負ったのが全て村正という。
 現在残っているものは、高さ約四、五メートルの天守台と、野面積み(のずらづみ)の石垣、本丸、二の丸、南・北曲輪、土塁などが残されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




伊勢亀山城(胡蝶城) Ise-kameyama-jou(Kochou-jou) 

Jp

 伊勢亀山城(いせかめやまじょう)は、三重県亀山市本丸町にあった城である。
 2000m余りの白亜の土塀により、蝶の群れが舞うような姿に見えた事から別名・胡蝶城(こちょうじょう)とも呼ばれている。
 文永二(1265)年、関実忠(せきさねただ)によって若山に築城され、その後現在の位置に遷された。
 元亀四(1573)年、関盛信(せきもりのぶ)が織田信長によって追放されるまで関氏代々の居城となっていた。
 交通の要所にあったため、城主はその後本田氏、石川氏、板倉氏、松平氏、板倉氏とめまぐるしく交代し、延享元(1744)年、石川氏が入城、以降、明治維新まで城主を務めた。
 建物のほとんどは破壊され、現在は僅かに多門櫓と外堀、土塁の跡を見る事が出来る。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




津城(安濃津城) Tsu-jou(Anotsu-jou) 

Jp

 津城(つじょう)は、三重県津市丸の内にあった城である。別名・安濃津城(あのつじょう)とも呼ばれる。
 永禄年間(1558~1569)に、長野氏の一族・細野藤敦(ほそのふじあつ)が安濃・岩田の両河川の三角州に小規模な安濃津城を構えたのが、始まりとされる。
 北は安濃川、南は岩田川に挟まれ、これらを天然の大外堀としていた要害である。
 以後、何人か城主を替え、慶長一三(1608)年、藤堂高虎が伊勢・伊賀22万石をもって入城した。高虎は城の大改修に着手し輪郭式の城郭に変貌させ、城下町を整備し、明治維新まで藤堂氏の居城となった。
 現在、城跡はお城児童公園となっており、北側の本丸石垣には、築城時の石垣に修築時の石垣が継ぎ足された様子が伺える。
 津城は、戦国時代を生き抜いた歴戦の城である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




松阪城 Matsuzaka-jou 

Jp

 松阪城(まつざかじょう)は、三重県松阪市殿町にあった城である。かつては松坂城(まつさかじょう)と言われていた。日本100名城に選定されている。
 天正一六(1588)年、戦国の名将・知将と謳われた蒲生氏郷(がもううじさと)により、伊勢支配の拠点として築かれた。
 四五百森(よいほのもり)に、三層の天守閣を中心として金の間櫓等11棟の建物を建造し、小牧・長久手の戦後、松ヶ島城と大阪城の名をとり、松阪城と名付けた。
 以後、何人かの城主を迎え、元和五(1619)年、紀州徳川藩の所有となり、南伊勢国内を統括する城として代々城代が置かれた。
 現在は石垣のみが残っており、城址公園となっている。周囲には松阪市役所、市民病院、当地出身の本居宣長記念館などが存在する。
 松阪城は、明治維新まで使用された、長い歴史を誇る城である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/6/23


鳥羽城 Toba-jou 

Jp

 鳥羽城(とばじょう)は、三重県鳥羽市鳥羽にあった城である。
 平安時代の末期、橘氏がこの地を領し、居館を築いて鳥羽殿と呼ばれていた。戦国時代に入り、伊勢波切城主であった海賊・九鬼嘉隆は織田信長を後ろ盾にして橘宗忠を攻略、宗忠の娘を妻として鳥羽城を奪い取り、一円を支配した。
 文禄三(1594)年、九鬼嘉隆(くきよしたか)は鳥羽湾に浮かぶ小島に海城・鳥羽城を築いた。
 九鬼氏は信長、秀吉配下として活躍したが、徳川時代になってお家騒動で分裂し、以後は次々と城主が入れ替わり、享保一〇(1725)年、稲垣昭賢が入城、明治維新まで続いた。
 現在、本丸が小学校のグラウンドとなり、市役所・城山児童公園・旧鳥羽幼稚園などが城跡に造られていて、僅かに石垣が遺構として残っている。
 鳥羽城は、海賊・九鬼氏ゆかりの天然の要害であった城である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/26


伊勢山皇大神宮 Iseyama-Koutai-jinguu 

Jp

 横浜市西区の伊勢山という丘の上に鎮座する伊勢山皇大神宮(いせやまこうだいじんぐう)は、「関東のお伊勢さん」という名前で親しまれている神社である。
 明治維新後、横浜は国の貿易の要となるべく開港され、外国の文化と接することが多くなった。そういった環境の中、日本の文化を守る事を目的として神社を創立したい、と当時の副知事・井関盛良が国に建白したという。
 明治三(1870)年、三重の伊勢神宮から分霊を受け、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)を祭神とした伊勢山皇大神宮は、野毛山の一部であったこの丘を伊勢山と改め建立された。その社殿は関東大震災により焼失してしまい、現在の社殿は昭和三(1928)年に建てられたものである。
 現在もなお横浜の町並みを見下ろすように建つ神社は、横浜の総鎮守として多くの参拝者で賑う。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/22


膳所城(石鹿城) Zeze-jou(Sekiroku-jou) 

Jp

 滋賀県大津市の「膳所城(ぜぜじょう)」は、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が慶長六(1601)年に藤堂高虎の縄張りで着工、諸国大名に命じて普請に当たらせた天下普請第一号の城である。
 ここは京都の背面の守りと大坂方への備えとして、また東海、中山、北陸三街道の要所と琵琶湖上を制する為に築いたもので、琵琶湖湖中に石垣を築いて本丸と二の丸を突出させ、本丸西隅に四層四階の天守閣を持った水城であった。
 まず、大津城の戸田一西が三万石で初代城主となり、元和三(1617)年に子の氏鉄が尼崎に転封となった際、西尾より本多康俊が入封。元和七(1621)年には菅沼定好と替わり、 寛永一一(1634)年、石川忠総が入封。 慶安四(1651)年、伊勢亀山より本多俊次が七万石で入封し、以後、明治まで本多家が続いた。
 日本三大湖城の一つである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/20


砺波夜高祭 Tonami-yotakamatsuri 

Jp

 砺波夜高祭(となみよたかまつり)は、富山県砺波市本町にて毎年六月の第2金曜、土曜の2日間に渡って行われる田祭りである。
 砺波地方各地では古くから夜高祭りが開催されており、一番古いものでは、慶安年間(1648~1651)、神明社の創設にあたって、人々が手に手に行燈を持って伊勢神宮の分霊を出迎えたと伝わっている。
 砺波夜高祭は五穀豊穣・豊年満作を祈る田祭りで、田楽や夜高と称する大小の行燈が町内を練り歩き、拍子木、唄、太鼓に包まれて続く。出町の夜高が町内に集い、祭りが始まったとされるのは大正年代の事とされている。
 戦中、戦後は資材や労力不足から中断した事もあったが、現在では絢爛豪華に開催されている。
 砺波夜高祭は、初夏の風物詩ともいえる農民の祭りである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数25件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter