NIPPON Kichi - 日本吉

記事数4件: 1~4 件表示          

2008/10/21


岸和田だんじり祭 kishiwada-danziri-matsuri 

Jp

 大阪府岸和田市(きしわだし)の岸和田だんじり祭は、「だんじり」と呼ばれる欅(けやき)の山車を綱で曳き、疾走する全国的にも有名な祭りである。
 元禄一六(1703)年、岸和田藩主の岡部長泰(おかべながやす)が、五穀豊穣を祈願して稲荷祭をおこなったのが始まりである。
 毎年九月と一〇月に行われ、各町ごとのだんじりを総勢500人の若者が曳き回す。この祭りの見せ場は、だんじりが曲がり角で方向転換する時の豪快な「やりまわし」である。祭りの二日間、定められら曳行路を何度も駆け巡り、重さ四トンもあるだんじりを、疾走しながら直角に向きを変えるのである。
 だんじりには屋根が二つあり、前方の大屋根の下では、大太鼓、小太鼓、笛、鉦の鳴り物が演奏される。最初は緩やかに、そして徐々に囃子が早くなり、曳き手も駆け足になる。そして曲がり角が近づくと両方の屋根に乗った大工方の指示で一気に曲がる。
 日没後は、だんじりに約二百個の提灯が灯り、子ども達が乗り込んで、灯入れ曳行きが行われる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/9/1


春日町 おまんと Kasuga-chou Omanto Omanto Festival at Kasuga-cho

Jp En

 春日町のおまんとは、愛知県高浜市の春日神社と八剣神社にて、毎年10月の第1土曜日と日曜日に行われる祭りである。
 1800年代の初め頃、雨乞いのために春日神社と八剣社に馬を奉納したのが起源という説があるが、定かではない。
 はっぴに地下足袋姿の若者が、木材で組んだ1周100mほどの馬場に放たれ、鈴飾りや造花を背負い疾走する馬めがけて、口綱を取って走り回る。西三河地域では最も盛大な祭りとも言われている。
 春日神の境内には、おまんとのためだけに使われる円形広場があり、当日は7町内から集められた40~50頭の馬が、馬場の中に入れられる。参加者が人馬一体となって駆け回る勇壮な風景が繰り広げられる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/20


津花火大会 Tsu-hanabi-taikai Tsu Fireworks Display

Jp En

 伊勢湾を臨む三重県津市の阿漕浦海岸(あこぎうらかいがん)では、毎年七月の後半に「津花火大会(つはなびたいかい)」が行われる。
 江戸時代から続く歴史のある花火大会で、時代によって形を変えていき、戦後の昭和二五(1950)年に復活した際、今の様な特徴のあるものになった。
 ここは海に面している事もあり、それらを利用した打ち上げ方法の花火を見ることができる。観覧席に安全な距離まで近付いた船上から、多彩なスターマインが短時間に次々と打ち上げられ、それらは華やかなだけでなく大迫力の一言。
 そして、津の海の魅力を最大限に表現する「海上自爆花火」とは、疾走する船から次々と花火玉が海中に投げ込まれ、水面に大輪の「花」を広げていくもの。その光景は、孔雀が一斉に羽を広げた様な、極彩色の華麗な姿を目に焼きつけてくれる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/24


八代 妙見祭 Yatsushiro Myoukensai Yatsushiro Myoken Festival

Jp En

 熊本県八代市の八代神社で、毎年十一月二二日から二三日に開催されるのが、八代妙見祭(やつしろみょうけんさい)である。
 長崎諏訪神社のくんち祭りと福岡筥崎宮放生会(はこざきぐうほうじょうや)と並び、「九州三大まつり」と称される。
 祭りが行われる八代神社は文治二(1186)年に創建されたもので、妙見宮という別名もあり、これが祭りの名の由来となっている。
 妙見の名については、今からおよそ千三百年前に中国から妙見神が、体が亀で頭が蛇という亀蛇(きだ)に乗って八代に上陸したという故事に基づいており、祭りもこの故事に則って江戸時代初期に、当時の八代城主であった細川忠興(ただおき)公が始めたのがその原型といわれている。
 神輿や笠鉾、獅子、亀蛇、花奴、鉄砲隊、花馬などの絢爛豪華な祭礼神幸行列や、河原を豪快に疾走する神馬、ユーモラスな動きで演舞を見せる亀蛇など、静と動の祭りの醍醐味を思う存分に楽しめる2日間となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数4件: 1~4 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter