NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2007/11/12


高田松原 Takadamastubara Tkada Pine Grove

Jp En

 日本百系にも数えられる、白砂青松の弓形海水浴場。白い砂浜に樹齢300年を超える約7万本の松が続くさまは、まるで日本画に描かれた風景のよう。
 盛岡中学時代の石川啄木が激賞し、また俳壇の巨星高浜虚子も日本百景の審査員として訪れた際に句を詠んでおり、それぞれ 歌碑、句碑 が置かれている。
 この「白砂青松」の地には年間約 440万人もの人々が憩いを求めてやって来る。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/2


雄松崎の白汀 Omatsuzaki-no-hakutei Omatsuzaki White Beach

Jp En

 雄松崎の白汀(おまつざきのはくてい)は、滋賀県志賀町北小松に広がる砂浜。
 比良川河口の北側にあり、東方の琵琶湖中に張り出した弦月状の砂州(さす)である。
 「涼風・雄松崎の白汀」として、琵琶湖八景の一つにも選ばれており、深浅が急で、魚が手に取れそうな程青く澄みきった湖水が、どこまでも広がっている。
 北比良の山々を背後に、約3kmにわたって白砂青松(はくしゃせいしょう)が続く眺めは素晴らしく、古くから風光明媚の地として知られていた。
 夏はウインドサーフィンや水泳などを楽しむ人々で賑わい、琵琶湖一のリゾート地でもある。雄松崎の白汀は、訪れる者の心をつかむ、景勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




近江舞子 Oumimaiko Ohmi Maiko Beach

Jp En

 近江舞子(おうみまいこ)とは、滋賀県大津市南小松にある砂浜のことである。
 近江舞子という名は、近代以降の観光化の中で、白汀として名高い兵庫県の舞子浜になぞらえて呼ばれるようになったものである。
 琵琶湖周航の歌で「松は緑に砂白き、雄松が里の乙女子は、赤い椿の森陰に・・・」と歌われているように、白砂青松の地として有名である。
 白砂浜が約4kmにわたって続いており、湖岸には青松の林が茂り、古くから風光明媚の地として知られている。
 夏場は近江舞子水泳場をはじめとする多くのビーチが開き、ウィンドサーフィンや水泳などのマリンスポーツを楽しむ人々であふれかえる。
 近江舞子は、多彩なレジャーと景勝の両方を楽しめる、観光地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter