NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2008/8/13


強飯式 Gouhan-shiki 

Jp

 栃木県日光市山内・輪王寺(りんのうじ)には、「強飯式(ごうはんしき)」という全国でも珍しい行事が今も伝えられている。
 毎年四月二日に行われる強飯式の由来は日光山の開山時期まで遡るという。日光山で修行を終えた修験者達が、供え物を持ち帰り、人々に分け与えたことがはじまりとされている。
 神事では山伏に扮した六人の僧が、檀家から選ばれた六人の頂戴人に、山盛りのご飯を「食え」と言って渡すというちょっと変わった神事である。「残さず食え」と頂戴人を責めたてる山伏の姿なども見所である。
 その後、僧と頂戴人による「がらまき」が行われる。がらまきには運を分ける「お裾分け」の意味が込められており、集まった参拝客にお菓子やおもちゃが撒き与えられる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter