NIPPON Kichi - 日本吉

記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  

2007/10/15


【美】 Bi The Character for Beauty

Jp En

 ヒツジを表す羊は漢字の要素としてよく見られます。古代にはよく儀式に使われた動物でもあるからです。善・美・義のような抽象概念を表す漢字の中に特に目立ちます。美の字体はヒツジ全体を示します。羊という字は角を含めたヒツジの上体の輪郭を表し、美の字体にはその下体、特に後脚が加わりました。羊を所有する人はすでにかなりの財産家です。
 多神教の世界では、神々に貴重で美しい自然界からの供え物をすることで、神の恩恵を得ようとします。最高の神には犬をささげるのが一番効果的だという考え方もありました。特に神の恵みを受けるための捧げものが大事になってくるのは裁判の時です。裁判は神の審判という形で行われましたので、争う両者はいろいろな神の試しを受ける羊を差し出しました。
 元々、文字は神と人との間のコミュニケーションの手段として成立・展開したという考えは白川文字学の出発点です。その立場から見ますと美は神に受け入れられる美、すなわち神が保証した美となります。面白いことに、東アジア以外にも、「世の罪を取り除く神の子羊」(聖書・ヨハネの福音書一・二九)、「私たちの過越の子羊キリスト」(聖書・コリント第一 一・七)などに羊を神のへの捧げものとする考え方があります。
 美についてのこの解釈は金文の字形に基づいていますが、もう一つの解釈の可能性もあります。金文よりさらに遡る甲骨文には、羽の飾りを頭につけている形と解釈できる字体もあります。残念ながらその意味を詳しく知ることはもうできません。
 
■美・金文(きんぶん)
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/25


精霊船 Shara-bune Sharabune

Jp En

 隠岐西ノ島町の浦郷(うらごう)、美田(みた)両地区に古くから伝わる「精霊船(しゃーらぶね)送り」は、お盆の伝統行事として隠岐の夏の風物詩になっている。毎年八月一六日の早朝に行われ、竹と麦わらを組み合わせて作った船に、子供たちが仏壇の供え物を持って乗り込み、盆歌を歌いながら沖合いに出て先祖の霊を送る。
 船は五、六人が乗れる大型の帆船で、帆には色紙に「なむあみだぶつ」などと書いて作った無数の盆旗が結ばれる。青い海を色鮮やかな盆旗に彩られた船が静かに滑り行く様は、華麗さの中にも哀愁が漂う。先祖の霊を乗せた精霊船は、地域の老若男女に見守られながら、やがて海の彼方へと消えて行く。
 昔は家ごとに小船を作り、供え物を乗せて海に流す慣わしだったが、明治中頃になると、集落ごとに大型の精霊船を作るようになったという。船の模型は町自然民俗資料館で見学できる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




米倉鹿嶋神社 献饌行事 Yonekura-kashima-jinja Kensen-gyouji The Kensen Ritual at Yonekura Kashima Shrine

Jp En

 米どころ宮城の中心的役割を果たしているのが大崎市。ササニシキ、ひとめぼれなどが誕生した地として知られている。市役所から一キロ程の米倉(よねくら)地区にある鹿嶋(かしま)神社では、毎年九月九日と一〇日の二日間にわたり、献餞(けんせん)行事が執り行われる。献餞とは神道の祭式で、祝詞(のりと)を上げるに先立って、神官が神前に食物を供えることをいう。
 米倉鹿嶋神社は大崎開拓以来の古社とされ、戦前までは清和源氏足利氏(せいわげんじあしかがし)の一門・大崎氏の遺臣が祀ってきたが、その後は地域民も加わり祭事を続けている。初日は初穂献上に始まり、その他の儀を経て、神酒を戴き神饌を食する直会(なおらい)に至る。翌日の神輿巡幸をもって終わる。穀物の収穫に感謝する静かなこの祭事は、県の民俗文化財、風俗習慣に指定されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/19


久礼八幡宮大祭 Kure-hachimanguu-taisai The Grand Festival of Kure Hachimangu Shrine

Jp En

 久礼八幡宮大祭(くれはちまんぐうたいさい)は、高知県高岡郡中土佐町の久礼八幡宮にて毎年9月に行われる秋の大祭である。高知県の三大祭りにも数えられる。
 通称・御神穀さん(おみこくさん)と呼ばれ、太鼓と太鼓をぶつけ合って競う「けんか太鼓」など、漁師町らしい勇壮な祭りである。
 起源は戦国時代までさかのぼり、飢饉に五穀豊穣を願って祈願したところ、豊作を迎えた事から、そのお礼祭りとして始まったとされている。
 頭屋と呼ばれる祭りの主役を中心に進められる祭事様式や、大祭中に「御神穀様」「御神幸」などの祭事が行われ、新穀で酒、もちをつくり、神に供える。
 初日の夕方からは境内に露店が軒を並べ、夜には花火大会も開催される。
 久礼八幡宮大祭は、地元に密着し、親しまれている大祭である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/3


大館 アメッコ市 Oodate Amekko-ichi 

Jp

 寒さがもっとも厳しくなる二月の半ばに、秋田の大館で行なわれる「アメッコ市」は、天正一六(1588)年を起源とした小正月の行事である。この地では、「この日にアメを食べると風邪をひかない」と伝えられている。
 元々は、瑞々しい赤い枝ぶりのミズキの枝に米で作った飴を付け、稲穂の代わりに神前に供える農家の風習であったが、大館に佐竹藩(秋田藩)の支城があった江戸時代には、早くから「アメッコ市」が立つようになった。そして、昭和四七(1972)年から現在の大町中央通りで行われるようになった。
 この四百年以上続いている飴の市には、近くの山から白髭大神(しらひげおおみかみ)と仙人が飴を買いにやってくる。
 アメ屋が軒を連ねる大町中央通りには、色とりどりのアメを付けた枝が飾られ、アメ細工やカラフルな切りアメを売る露店が並び、大勢の人でにぎわう。そんな中を、言い伝えを再現した白髭大神巡行や郷土芸能である獅子舞が行われる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/26


地鎮祭 Jichin-sai 

Jp

 地鎮祭は土木、建築工事などの起工の際に、その土地の神を鎮め、土地を利用されることの許しを得、工事の安全と家の無事を祈る神道の儀式である。土祭り、地祭り、地祝いなどとも言われる。
 準備として、整地された敷地の四方に斎竹(いみだけ)を立て、注連縄を廻らして祭壇を作り、神饌(しんせん)である米、塩と海、山、畑の幸を供える。
 場を清めた後、神職による御祓いを行い、地鎮の儀として土地に鍬(くわ)が入れられ、玉串(たまぐし)を神棚に奉じて終了する。
 地方により供えるものや儀式の詳細は異なるが、安全を祈願して土地に宿る神に許しを得る点は同じであり、神を身近に感じる日本に伝わる、古きよき伝統でもある。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/2


忍び駒 Shinobi-goma 

Jp

 忍び駒は、岩手県花巻市にて造られる民芸品である。
 南部藩の昔から馬の産地として知られる岩手県には、数々の馬玩(馬の郷土玩具)がある。
 稲藁を材料にした素朴な裸の馬人形で、美しい布で飾られた花巻地方独特のものである。
 忍び駒とは、花巻地方の円万寺・馬頭観世音に古くから伝わる、縁結びや子孫繁栄、五穀豊穣などの祈願の使い駒とされる藁の馬人形の事である。
 里人はその祈願に際し、駒を人に見られぬよう深夜密かに観音前に供えて帰り、祈願成就した時はお礼のため先に供えた駒に五色の色布を着せ飾り、再び仏前に供える習わしであった。
 昭和41年には、郵政省の記念切手図案として採用されている。
 忍び駒は、今でも縁起が良いとして地域の人々に愛されている郷土玩具である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/19


十五夜 jyuugo-ya Jugoya, The 15th Night

Jp En

 旧暦の8月15日を指す、団子、芋、すすきなどを供えて月見をする行事。中秋の名月。
 中国の中秋節が起源といわれる。日本には平安時代に渡り、宮中での行事となり「観月宴」や「月の宴」と呼ばれ月を眺めて詩を作り雅楽を奏でて楽しんだと言われる。
 民間では「芋名月」とも言われ、秋の収穫物であるだんご、里芋、栗、柿などを供えて豊作を感謝した。
 一ヵ月後の旧暦9月13日は「十三夜」であり、豆や大豆を供えることから「豆名月」とも言われ、十五夜と十三夜両方の月見をしないことを「片月見」として縁起の悪いものとされた。
 地方によってはこの日に、お供え物や畑のものをとってもよいと言う祭があり、秋祭り、収穫祭として広く親しまれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter