NIPPON Kichi - 日本吉

記事数17件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/10/17


北風原 羯鼓舞  Narai-hara Kakkomai 

Jp

 北風原の羯鼓舞(かっこまい)は、千葉県鴨川市北風原(ならいはら)で伝承されている伝統芸能である。
 毎年七月の第四日曜日に、北風原地区の春日神社の例祭として、請雨山(しょううさん)の愛宕神社の獅子神楽と一年交代で奉納されており、どちらも愛宕神社境内で行なわれている。
 その起源は定かではないが、一説には室町時代の天文年間(1532~1554)、安房国主であった里見義実(さとみよしざね)の命により、雨乞いと豊作を祈念して始められたと伝えられている。
 雄獅子と雌獅子、中獅子からなる三匹の獅子が、腹につけた雅楽や能楽用の鼓である羯鼓を軽快な調子で打ちながら舞い踊られる、三匹獅子舞の形態をとっている。
 恵みの雨が降ることを天に託した、農民たちの切なる願いが込められたその舞いは、県の無形民俗文化財にも指定されており、今も保存会の人々により、脈々と受け継がれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/23


数馬の太神楽 Kazuma-no-daikagura 

Jp

 数馬の太神楽(かずまのだいかぐら)はこの地方に四〇〇年以上前から伝わるという伝統芸能である。毎年九月一五日、数馬九頭竜神社(かずまくずりゅうじんじゃ)に、五穀豊穣と子孫繁栄を祈願して奉納される。
 この祭礼では、太神楽の他、兄弟が畑仕事での出来事を演じ豊作を喜ぶ、ユーモアたっぷりの「馬鹿面囃子」や「三匹獅子舞」も同時に披露される。
 太神楽は最初に披露されるもので、笛や太鼓、鐘すりに合わせて境内を清める舞である。演目によって二人で舞ったり、二人で舞っていた獅子が胴体幕を畳み込んで一人立ちで舞い出したり、と変化に富んでいる。表情豊かな獅子が見事に表現されているという。
 都の無形文化財にも指定されており、祭り当日は観光客も多く来て村は賑わいを見せるという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/2/12


下川乗獅子舞 Shimokawanori-shishi-mai 

Jp

 東京都西多摩郡唯一の村である檜原村の、小さな集落、下川乗に古くから伝承されている、「下川乗獅子舞(しもかわのりししまい)」がある。毎年九月中旬に、村の鎮守である南郷神社(なんごうじんじゃ)に、五穀豊穣・家内安全の祈願と感謝の意を込めて奉納される舞である。村史に伝えられるところによると最初の奉納は文禄五(1596)年であったという、歴史ある伝統芸能である。
 祭り当日、まず南郷神社の神庭で奉納の舞が三匹獅子によって行われる。その後、旧家の庭でも舞が披露される。
 日が暮れて暗くなる頃には、自治会館の前の広場で獅子舞が次々と披露される。獅子頭と艶やかな花笠が、暗闇の中に鮮やかに浮かび上がる。
 演目は夜更けまで続き、最後は「太刀がかり」という演目で飾られる。これは二組の獅子と獅子の敵役である太刀引きとの、ぴったりと合った呼吸が要求される、真剣勝負の舞である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/12/28


人里獅子舞 Henbori-shishi-mai 

Jp

 古くから受け継がれてきた伝統芸能が多く残る桧原村。その伝統芸能のひとつである獅子舞は、全て三匹獅子によるもので、起原は室町時代にまでさかのぼるといわれている。
 人里(へんぼり)地区にも古式ゆかしい人里獅子舞が伝承されている。人里獅子舞は九月の中旬に、豊作を祈願して五社神社に奉納される舞である。
 「庭がため」から始まり、「ふじがかり」「三拍子」「笹がかり」など一一の演目が次々と披露される。
 祭りの最後は「大太刀がかり」で締めくくられる。二組の太刀引きと獅子によって演じられる、真剣勝負の舞である。太刀引きとの争いに勝った雄獅子が刀を口にくわえる場面は、祭りのクライマックスである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




数馬の獅子舞 Kazuma-no-shishi-mai 

Jp

 毎年九月第二日曜日に、九頭竜神社(くずりゅうじんじゃ)に奉納されるのが、この地方に多く伝えられている三匹獅子による獅子舞である。この祭礼では「数馬の獅子舞(かずまのししまい)」の他にも太神楽や、「馬鹿面囃子」と呼ばれる、ユニークな伝統芸能も交互に見られるという。
 数馬の獅子舞は三匹獅子と女装したササラ役の花笠四名で演じられる。前半は優雅な女舞が披露されるが、後半になると荒々しい、太刀などを使った勇壮な舞へと変わる。
 この地に伝わる三匹獅子の起源は寛元三(1245)年とも伝えられており、とても永い歴史を持つ。都の無形文化財にも指定されており、地元の人々がその伝統を今も受け継いでいる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




白髭神社獅子舞 Shirahige-jinja-shishi-mai 

Jp

 高さ約三〇mもある巨大な岩を御神体として祀っている白髭神社(しらひげじんじゃ)。境地区の鎮守である当社の例祭に、毎年八月、古くから奉納されているのが白髭神社獅子舞(しらひげじんじゃししまい)である。
 この地方には多くの獅子舞が伝承されており、民俗芸能の宝庫とも呼ばれているが、その起原は定かにされていない。
 白髭神社獅子舞は鹿島から師匠を招いて伝授をされたのが始まりとされている。獅子頭には享保五(1720)年作という刻銘があり、三〇〇年近い歴史があることが伺える。
 三匹獅子に加え、唄方ニ名、笛方六名、花笠六名、大太鼓一名、小太鼓一名、道化一名で構成され、舞が次々と賑やかに披露される。
 保存会や愛好会などに支えられ、五穀豊穣を祈願して奉納されつづけている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




棚沢獅子舞 Tanazawa-shishi-mai 

Jp

 獅子舞は奥多摩地方に古くから多くの地域に伝承されている伝統芸能である。棚沢獅子舞(たなざわししまい)は毎年八月、熊野神社の祭礼に奉納されるものである。
 時期は定かでないが、文政年間(1819~1829)に、奥氷川神社の獅子舞から伝わったものが始まりといわれている。
 祭礼当日は早朝より、村内の拝所巡りが行われる。まず熊野神社で社殿を七周する「宮詣り」が奉納された後、山の神、愛宕神社、獅子宿、将門神社、不動堂、正法院などの舞を各地で披露し、熊野神社に戻ってくるという。
 構成は三匹獅子に花笠四名、囃子方三名、笛方、唄方各数人名ずつとなっている。唐草模様の衣装を身につけた獅子舞達の、躍動感のある舞は、勇壮で美しいものである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




白丸の獅子舞(元栖神社獅子舞) Shiromaru-no-shishi-mai(Motosu-jinja-shishi-mai) 

Jp

 白丸の獅子舞(しろまるのししまい)は、白丸地区の鎮守の元栖神社(もとすじんじゃ)の八月の例大祭において、村内各社寺に奉納される伝統芸能である。
 この地区には多くの獅子舞が伝えられており、それぞれ三〇〇年以上の歴史を持つとされているが、起源は明らかにされていないという。明治半ば頃に、一時廃絶した白丸の獅子舞だが、明治の終わりから昭和にかけ、若者衆が中心となり先人達の教えを受け復活、今に伝えられているという。
 三匹獅子という形に加え、道明一名、囃子方二名、笛五名、棒使い二名によって、「神立ち」「場狂い」「洞入り」などの演目が次々と披露される。
 早朝から夕方まで、小さな集落の住民たちが参加し、天下泰平・五穀豊穣・家内安全を願って行われる祭りである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数17件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter