NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/9/14


岡崎市 妙源寺 Okazaki-shi Myougen-ji Myogenji Temple

Jp En

 岡崎市の住宅地の表通りからは見えにくい、奥まった場所に「妙源寺(みょうげんじ)」はある。
 薬医門(やくいもん)と呼ばれる構造の山門をくぐり、参道を直進すると四脚門がある。さらにその門の先には、室町時代中期に建てられた「太子堂」があり、聖徳太子一六歳像などが祀られている。かつて堂の前に柳の木があったことから、「柳堂」とも呼ばれる。
 文暦ニ(1235)年、碧海一郡の領主・安藤薩摩守信平(あんどうさつまのもりのぶひら)は、この柳堂に親鸞聖人を招き説法を受けたという。これに感化された信平は武門を捨て仏門に入り、正嘉ニ(1258)年、「明源寺」を建立したのが寺の始まりとされる。
 後に家康公を尊敬していたことから徳川氏の本姓である「源」の一字を賜り、「妙源寺」と改称したという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/12


長命寺 Cyoumei-ji Kyomei Temple

Jp En

 長命寺は、市の北西端、長命寺山(333m)の標高約250mの山腹にある寺院。
 平安時代前期に寺院の基盤ができたと考えられており、その後、近江守護佐々木定綱(さだつな)が戦死した父の菩提を弔うために、平安時代後期に本堂をはじめ、釈迦堂・薬師堂・太子堂・護摩堂(ごまどう)・宝塔・鐘楼・仁王門などを建立した。現在の社殿は戦国時代中期に兵火で焼失したあと再建されたもの。
 琵琶湖岸のそばから808段といわれる長い石段を登ると、屋根の線が美しく重なりあう諸堂がある。千手観音を本尊とし、聖観音・十一面観音・毘沙門天など多くの国指定の重要文化財が安置されており、四季を通じて多くの参詣者が全国から訪れ、湖辺近くの山腹風景も美しく、近年は紫陽花(あじさい)の寺としても有名で、季節になると長い石段に沿いながら、あでやかな花を開かせる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter