NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/11

アモイの洞門 Amoi-no-doumon Amoi Tunnel

Jp En


 北海道石狩市に広がる暑寒別天売焼尻国定公園。
 その公園内に「ルーラン」と呼ばれる海岸がある。ルーランとは神の通る道という意味を持ち、さながらの奇岩が連なる海岸線が続いている。
 そのルーランにある奇岩群の中でもさらに異彩を放っているのが、アモイの洞門だ。
 海岸から突き出す形で存在し、その側面には海面につかる形で磯舟が一艘、やっと通り抜けられるかどうかという穴が開いている。
 その上には「義経の涙岩」と呼ばれる岩場があり、蝦夷へと追いやられた義経が、静御前のことを思い出して涙したという伝説に彩られた場所でもある。
 海面からの高さは30mにもなり、ルーランに広がる放射状の割れ目が入った奇岩の様相と相まって、非常に印象深い光景を見せてくれる。
 夕陽の名所としても知られており、アモイの洞門越しに見える日本海への落日はまさに絶景である。
 涙に暮れる義経も、この壮大な夕陽には癒されたに違いない。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
061-3151 北海道石狩市厚田区濃昼
名前
アモイの洞門




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter