NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/19

悲恋沼 Hiren-numa Hirennuma Pond

Jp En


 悲恋沼(ひれんぬま)は、北海道幌泉郡えりも町庶野にある0.2ヘクタールの沼である。
 襟裳岬からすぐ近くの百人浜の北側にあり、遊歩道が整備されている。
 17世紀中ごろ、和人の商人である久作と、アイヌの娘・マエラが恋仲になった。しかし久作は本州へ帰らなくてはならなくなり、マエラは久作を乗せた船をいつまでも、何日も涙ながらに見送った。いつしかマエラはいなくなり、マエラのいた浜辺には沼ができていた、という伝説が残る。
 沼の周囲には、海浜植物や高山植物が群生しており、小清水原生花園にも負けず劣らずの美しい自然の花畑になっている。
 夏の暑い日でもさわやかな風が太平洋から吹き、水も空気もきれいでとても明るく静かである。
 悲恋沼は、悲しい伝説を持つ静寂の沼である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
058-0421 北海道幌泉郡えりも町庶野
名前
悲恋沼




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter