NIPPON Kichi - 日本吉

2008/1/8

まつりのべおか Matsuri-nobeoka Matsuri Nobeoka Festival

Jp En


 宮崎県北部最大の夏祭りであり、延岡の夏の風物詩ともいえる「まつりのべおか」。昭和五二(1977)年に第一回が開催された。
 「まつりのべおか」は「花火大会」「出会い神輿」「ばんば総踊り」の三つを柱とし、「あたたかい心」「ふるさとを思う心」「感謝の心」がテーマの市民参加型のお祭りである。
 たとえば1万発を打ち上げる「花火大会」は実行委員が花火打揚に必要な講習会に参加し、企画・設営を行い、当日花火職人のサポートを受けながら自ら花火の打ち上げまで行っている。
 「出会い神輿」の中でも、最大級なのが「三百貫神輿」。容赦なく掛けられる水の重さが加わって重さは約1トンにもなるという。巨大な神輿の激しい競り合いは迫力がある。
 ばんば踊りは江戸時代から伝わる伝統芸能であるが、最近は世代に合わせた「新ばんば踊り」や、エイサー調の「新々ばんば」「サンバばんば」なども加わるようになった。「ばんば総踊り」では5千人以上の市民が巨大な輪となって踊り明かす。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
882-0000 宮崎県延岡市
名前
まつりのべおか




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter