NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2007/7/12


寝熊の岩 Neguma-no-iwa Neguma (Sleeping Bear) Rock

Jp En

 寝熊の岩(ねぐまのいわ)は、北海道の利尻島、利尻郡利尻町仙法志御崎に存在する奇岩である。
 利尻島は、アイヌ語のリ・シリが転訛したもので、高い山のある島の意味である。標高1721mの利尻山は世界的にも貴重な高山植物の宝庫とされる。
 島の西岸は奇岩、怪岩が点在する変化に富んだ岬になっており、人の横顔に見えるという人面岩、横から見ると熊が寝ているように見える寝熊の岩、というように珍しい岩が連なる。
 ゴツゴツとした岩続きの海岸線は、利尻島創世期に噴出した溶岩が海水で冷やされてできたもので、島内周遊の休憩ポイントとなっており、場所によっては磯遊びなども可能な所もある。
 寝熊の岩は、すぐ横にある人面岩と共に、利尻島を代表する奇岩である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




人面岩 jinmen-iwa Jinmen (Human Face) Rock

Jp En

 人面岩(じんめんいわ)は、北海道の利尻島西岸、利尻郡利尻町仙法志御崎にある岩である。
 島の西岸は奇岩、怪岩が点在する変化に富んだ岬になっており、人の横顔に見えるという人面岩、横から見ると熊が寝ているように見える寝熊の岩とユニークな岩が連なる。
 人面岩の頭の部分には白いしめ縄がハチマキのように巻かれており、右を向きハチマキをした男性の横顔に見える。
 人面岩には、霧多布の娘に会うために船を出した厚岸の若者が、この岬で座礁し、娘はこの断崖から若者の名を呼び続け、いつしか岩となってしまった、という悲しい伝説が存在する。
 人面岩は、すぐ横にある寝熊の岩と共に、利尻島を代表する奇岩である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/28


三筋の滝 Misuji-no-taki Misuji Waterfall

Jp En

 三筋の滝(みすじのたき)は、滋賀県甲賀市信楽町田代を流れる山あいの清流、田代川に存在する滝である。
 名前の由来は、その名の通り滝の流れが3つに別れている事からである。滝には、東海自然歩道の休憩所も置かれている。
 落差が15mほどあり、水量が豊富で大変涼しげである。滝壺は広く、横顔がきれいな滝である。流れ落ちるその様子は、さながら動と静の妙味を感じさせる。
 滝は、静かな山間にひときわ美しい水の風景を描いており、白い水しぶきと水面を打つ水音が、訪れるものに都会では決して味わえない爽快さを運んでくれる。
 滝を堪能したら、自然歩道を散策するのも面白い。
 三筋の滝は、夏のひととき、涼を求める人々で賑わう、静謐な場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter