NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/29

居醒の清水 Isame-no-simizu Isame Spring

Jp En


 居醒の清水(いさめのしみず)は、滋賀県米原市醒井にある加茂神社から、湧き出る名水である。
 古くは「古事記」や「日本書紀」にも登場し、東征からの帰りに伊吹山の荒ぶる神を退治に出掛けた日本武尊(やまとたけるのみこと)が、熱病に倒れた時、体の毒を洗い流した霊水とも伝えられている。
 その時、武尊はこの泉を「居醒の清水」と名付けたと伝わる。
 水源は霊仙山水系で、湧き出る過程で岩や土の間を通り、味や成分が変わるという。
 神社境内脇の石垣の下から湧き出て、旧中山道のほとりを川となって流れるこの水は、近在の西行水、十王水とともに、醒井の人々にとって欠かせない生活の水であり、この宿場を訪れた旅人の疲れをとるオアシスの水でもある。
 居醒の清水は、古より連綿と続く癒しの名水である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
521-0035滋賀県米原市醒井58
名前
米原観光協会
電話
0749-58-2227




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter