NIPPON Kichi - 日本吉

記事数8件: 1~8 件表示          

2008/7/25


徳島 大麻比古神社 Tokushima Ooasahiko-jinja 

Jp

 大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)は徳島県鳴門市の大麻山(おおあさやま)の山麓に鎮座する神社である。古来より阿波の国でも格式の高い一宮として栄えてきた。
 神社の起源は阿波の国を治めていた天富命(あめのとみのみこと)が先祖の天太玉命(あめのふとだまのみこと)、大麻比古神を守護神として祀ったのがはじまりと伝えられている。天太玉命は第一代神武天皇の時代(紀元前585年ごろ)、阿波国で麻の播殖と開拓に努めた。
 神社周辺は県指定自然公園に指定されており美しい樹木に包まれている。参道の長さは1キロにも及び、境内には樹齢1000年を超える楠の御神木がそびえている。本殿は重厚な雰囲気を漂わせて、この社が由緒ある神社であることを物語っている。
 毎年正月の初詣には三が日で20万人以上の人々が参拝に訪れる地元でも有名な神社である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/23


背戸峨廊 Setogarou 

Jp

 背戸峨廊(せとがろう)は、福島県いわき市小川町に広がる約5kmにわたる渓谷である。夏井川渓谷県立自然公園内にある。
 夏井川支流の江田川下流にあり、夏井川渓谷に属するが、その中でも一際見事な景観を擁する事から郷土出身の詩人・草野心平(くさのしんぺい)が命名した。
 背戸とは隠れた場所、峨廊は美しい岩壁を意味している。
 大小さまざまな滝を持つ美しい渓谷が続き、上流から山伝いに一周できる約8.4kmのハイキングコースが存在している。
 大きくはないが個性的で澄んだ沢や滝、淵が連続し、最後まで飽きることはない。その渓谷美は鹿又川渓谷とともに、ふくしま緑の百景のひとつに選定されている。
 背戸峨廊は、紅葉の季節には、たくさんのハイカーで賑わう、魅力的な景観の景勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/6/30


小牧山城 Komakiyama-jou 

Jp

 小牧山城(こまきやまじょう)は、愛知県小牧市の市街地西に位置する、標高約八六メートルの小牧山にある。
 桶狭間の合戦ののち、尾張平野の中に孤立した丘陵と、その麓を利用し、永禄六(1563)年に織田信長が築いた平山城である。
 信長の死後、天正一二(1584)年「小牧・長久手の戦い」において、豊臣秀吉と戦った織田信雄(のぶかつ)・徳川家康連合軍が大規模な改修を施し陣城とした。
 その後、小牧山は尾張藩によって入山が禁じられた。明治以後もこの規則は守られ、明治二二(1889)年に尾張徳川家に払い下げられた。
 昭和五(1930)年に尾張徳川家の徳川義親(とくがわよしちか)から小牧市に寄贈されて以後、自然公園として整備された。
 現在は城址公園となり、削平地や復元された空堀、土塁、旧虎口跡などがある。また山頂に展望台がわりの模擬天守が建っており、内部は歴史館となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/10


三段の滝(恵庭市) Sandan-no-taki(Enisa-shi) Three-Storied Waterfall (Eniwa)

Jp En

 三段の滝は、北海道恵庭市にあるラルマナイ自然公園にある滝だ。同公園内にある3つの滝のうち、最下流に位置する。
 島松山付近からの沢にかかり、ラルマナイ川の絶壁から20mの落差を一気に落ちていく。この絶壁が3つの段になっており、滝の名前の由来ともなっている。
 20mの高さから3つの段をリズミカルに流れ落ちてくる飛瀑は、あまり大きくはないものの水量も豊富で迫力充分だ。
 周りがそもそも渓谷なため、流れ落ちる飛沫が発する3つの轟音はさらに増幅され、その迫力をよりいっそう盛り上げてくれる。
 滝近くの橋から見れば、滝の全景は見れるものの、やはりそのパノラマを堪能するならば、一番下の河川敷まで下りていくのが良い。
 下まで来ると、さすがに一段目が隠れてしまって見えなくなるが、段を超えて迫ってくるその瀑容は、爽快そのものだ。
 秋には周囲に群生するカエデなどの木々が美しく色付き、豪快さと優雅さを併せ持った荘厳な景色を堪能できる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/9


塔のへつり Tou-no-hetsuri 

Jp

 大川羽鳥県立公園、大川ラインの一番の景勝地。百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返し見事な景観を創った(へつりとはこの地方の方言で危険な崖のこと。
 塔が並んでいるようにみえることから「塔のへつり」という名前になったといわれる。
 また、釣り人などがこのような場所の少ない足場を頼りに川沿いなどを進む事も「へつりをする」と呼ぶ。
 昭和18年に国の天然記念物に指定。藤の咲く頃の景観が美しいことから藤見公園という別名がある。
 展望台からの景色や、釣り橋を渡りながら見上げたり、といろいろな楽しみ方ができる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/6


芦ノ湖 Ashino-ko 

Jp

 芦ノ湖は、神奈川県足柄下郡箱根町にある湖である。最大水深43.5m、平均水深15m。
 神山が約3000年前に水蒸気爆発と火砕流を起こした際、山の一部が大崩壊を起こす山体崩壊が発生し、その結果誕生したカルデラ湖である。
 神奈川県南西部にある県内最大の湖で、早川水系に属し、北部(箱根町仙石原)から流れ出る早川の水源になっている。
 春は新緑とつつじ、夏は湖上遊覧や花火が上がる湖水まつり、秋は紅葉、冬は湖面に映える富士山と、見所には事欠かない。
 ブラックバス、ワカサギ、ニジマスなどの釣りスポットとしても知られ、特に、ヒメマス目当てに遠方からやってくる人も多い。
 芦ノ湖は、リゾート施設が数多くある観光地であり、四季折々の眺めも素晴らしい景勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/25


神庭の滝 Kanba-no-taki Kanba Falls

Jp En

 「神庭の滝(かんばのたき)」は、岡山県の北西部真庭市に位置する「神庭の滝自然公園」の中にある滝。
 落差110メートル、幅20メートルの滝からは豊かな水流が轟々と流れ、その音は遠く離れた滝見の遊歩道まで響き渡る。西日本随一の名瀑として知られ、「日本の滝百選」にも選ばれているという。
 周辺には、約200匹の野猿も生息しており、愛らしい姿をそこかしこに覗かせる。また、渓谷林も美しく、カツラやケヤキ、イタヤカエデ、イヌシデなどの落葉樹のほか、ケグワやイワシデなどの珍しい樹木も観察できる。特に春の新緑や秋の紅葉の時期は見事な景観を誇り、年間11万人もの観光客が訪れるという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/24


曽々木海岸・窓岩 Sosogi-kaigan・Madoiwa The Sosogi Coast and Window Rock

Jp En

 曽々木海岸は、国指定名勝であり天然記念物。標高三五七メートルの岩倉山を頂点とし、西は町野川の河口から東は珠洲市の境となる垂水の滝まで。また海岸から一〇〇メートル沖までがその範囲となる。
 岩倉山は断崖をなして海に迫り、能登の親不知と呼ばれるほどの難所であった。緑色流紋岩は、縦横斜めの節理に従って海に浸食され、豪快かつ美しい景観をなす。厳冬期には、波が砕け綿花状となり風に乗って岩礁に踊る。波の花である。
 窓岩は、約二キロメートル続く曽々木海岸を代表する見所。三角形の大きな岩に、ぽっかりと穴が空いている。源義経が矢を射って穿ったという伝説がある。
 地学の見本のような光景がたくさんあり、学術的にも評価が高い。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数8件: 1~8 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter